龍三と七人の子分たち 作品情報

りゅうぞうとしちにんのこぶんたち

ジジイたちが世直しのために立ち上がる!

龍三と七人の子分たちのイメージ画像1
龍三と七人の子分たちのイメージ画像2

高橋龍三は元ヤクザの組長。しかし“鬼の龍三”と怖れられた時代は過去となり、今は息子の家に肩身の狭い思いで身を寄せていた。ある日、オレオレ詐欺に引っかかった事をきっかけに、元暴走族の連中と一触即発になった龍三は、「若いヤツらに勝手な真似はさせられねぇ」と、昔の仲間を召集。若頭のマサ、はばかりのモキチ、早撃ちのマック、ステッキのイチゾウ、五寸釘のヒデ、カミソリのタカ、神風のヤスの7人が集まった。

「龍三と七人の子分たち」の解説

『アウトレイジ ビヨンド』以来3年ぶりの北野武監督作は、引退したヤクザの元組長と子分たちの活躍を描く。その背景となっているのは、高齢化を迎えた日本社会と、オレオレ詐欺をはじめとする高齢者を巻き込む組織犯罪だ。ついに北野監督が現代日本にメスを入れた社会派の映画を完成させた…といっても、コメディタッチの愉快な作品だ。北野組初参加の藤竜也を筆頭に7人の子分たちを、近藤正臣、中尾彬、小野寺昭、品川徹、樋浦勉、伊藤幸純、吉澤健が演じる。平均年齢72歳の超豪華ベテラン俳優陣が、詐欺集団の若者たちを成敗!気分爽快になれる事必至のエンタテインメント。北野監督自身がビートたけし名義で出演しているのも楽しみ。

龍三と七人の子分たちのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年4月25日
キャスト 監督・脚本・編集北野武
音楽鈴木慶一
出演藤竜也 近藤正臣 中尾彬 品川徹 樋浦勉 伊藤幸純 吉澤健 小野寺昭 ビートたけし
配給 ワーナー・ブラザース映画、オフィス北野
制作国 日本(2015)
上映時間 111分

(C)2015『龍三と七人の子分たち』製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3.92点★★★☆、12件の投稿があります。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-05-06

ビートたけしがお笑い時代の老人ネタとギャグで現代世相を描いた爺達の喜劇♪監督北野武として師匠アキラ・クロサワ監督の代表作<七人の侍>へのオマージュと任侠ものギャングもののセルフ・パロデイで本編に挑んだ…。ノンシャランとした藤竜也の持ち味、近藤正臣との掛け合い…。男達のベテラン勢の中で萬田久子もいい!次世代のコメデイアンとの或いは父と息子の二世代親子の家族のドラマ。笑いと涙の。


レビューを投稿する

「龍三と七人の子分たち」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-05-11 16:02:06

広告を非表示にするには