シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア 作品情報

しぇあはうすうぃずう゛ぁんぱいあ

ニュージーランド発ヴァンパイア・コメディ

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイアのイメージ画像1

ニュージーランドの首都ウエリントン。その住宅地にある一軒家には、実はヴァンパイアたちが住んでいた。最年少のディーコンが183歳、ヴィアゴ376歳、ヴラド862歳、そして8000歳のピーターの4人。彼らは自分たちの生活の様子を残すため、ドキュメンタリー映画のスタッフを雇い、その日常を撮影させていた。そこにヴァンパイア歴まだ2ヵ月という新人のニックが加わった事から、彼らの生活のリズムが狂い始める…。

「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」の解説

ニュージーランドで人気のコメディアンたちによる、架空のドキュメンタリー形式で撮られ、各地の映画祭で観客賞を受賞したヴァンパイア・コメディ。ヴィアゴ役と、ヴラド役の2人は、本作では監督と脚本も兼ねる。夜になると獲物を求めてウエリントンの町に繰り出すヴァンパイアたちだが、血を吸う以外にしている事は、“彼女を作るより男友達とつるんでダラダラしている方が気楽”というグータラな人間と変わらない。そこに、酔うと自分がヴァンパイアだと言いふらす新人ヴァンパイアと、どんなシチュエーションでもマイペースという人間スチューが加わった事で、平和な(?)ヴァンパイアの暮らしに騒動が持ち上がる。おバカで憎めないヴァンパイアたちを見ているうちに、いつのまにか自分も仲間の気分になってくる!

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年1月24日
キャスト 監督・脚本・出演タイカ・ワイティティ ジェマイン・クレメント
出演ジョナサン・ブロー
配給 松竹メディア事業部
制作国 ニュージーランド(2014)
年齢制限 PG-12
上映時間 85分

(C)Shadow Pictures Ltd MMXIV

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-18 00:01:08

広告を非表示にするには