神様はバリにいる 作品情報

かみさまはばりにいる

バリで学んだ“大金持ちになるコツ”の真実

神様はバリにいるのイメージ画像1
神様はバリにいるのイメージ画像2

会社の経営に失敗し、借金まみれになった照川祥子は自殺をするためにバリにやって来る。しかし、バリで出会った日本人青年・リュウに自殺を止められ、アニキと呼ばれる日本人男性を紹介される。アニキはパンチパーマに眉毛もなく、見るからに怪しい風体だが、不動産ビジネスで成功した大富豪だという。“お金持ちになるためのコツ”を学ぼうとする祥子はアニキに弟子入り。いくつもあるアニキの大邸宅で掃除をしたり、笑顔と挨拶の訓練を受けるが…。

「神様はバリにいる」の解説

誰もが知りたいと思う“大金持ちになるコツ”。一代で財を為した大富豪から、彼が実践している“大金持ちになるコツ”を学んだクロイワ・ショウのサクセスハウツー本「出稼げば大富豪」を映画化したのが、本作『神様はバリにいる』だ。堤真一演じるアニキは、見た目こそ怪しいヤクザ風だが、人との縁を大事にし笑いや感謝を大切にする人のためを思って生きる人物。彼の言うことを実践していれば、心豊かに暮らせるだろうと思わせてくれる金言をいっぱい披露してくれる。尾野真千子演じる主人公・祥子は、アニキと行動を共にするうち、ひがみっぽさを捨てだんだんと優しい顔になっていく。彼女の変化もなかなかの見どころだ。監督は『デトロイト・メタル・シティ』の李闘士男。

神様はバリにいるのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年1月17日
キャスト 監督李闘士男
出演堤真一 尾野真千子 ナオト・インティライミ 菜々緒 玉木宏
配給 ファントム・フィルム
制作国 日本(2014)
上映時間 107分

(C)2014「神様はバリにいる」フィルムパートナーズ

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「てんすけ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2015-02-04

バルト9でで見ました。深夜2時からのレイトショーにも関わらず15人?ほどいたことに驚きました。さて、映画の内容については面白いけど映画館で見るほどでは…なにも考えずにぼーっと観るにはよかったです。ナオト・インティライミが映画初出演のわりにいい演技してたと思います(笑)


レビューを投稿する

「神様はバリにいる」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-27 15:42:46

広告を非表示にするには