METライブビューイング2014-15 モーツァルト《フィガロの結婚》新演出 作品情報

めっとらいぶびゅーいんぐ201415もーつぁるとふぃがろのけっこんしんえんしゅつ

全ての人を幸せにするモーツァルトの大傑作

METライブビューイング2014-15 モーツァルト《フィガロの結婚》新演出のイメージ画像1

18世紀のスペイン、セヴィリャ。アルマヴィーヴァ伯爵の従僕フィガロは、小間使いのスザンナとの結婚を控えて幸せいっぱい。だがスザンナは、伯爵が彼女に横恋慕し、以前廃止した初夜権を復活させようともくろんでいると打ち明ける。怒り心頭のフィガロは、冷淡な夫に悩んでいる伯爵夫人の助けを借りて、伯爵に一泡吹かせる計画を練るが、フィガロに想いを寄せる女中頭のマルチェッリーナや小姓ケルビーノらがからんで大騒動に……。

「METライブビューイング2014-15 モーツァルト《フィガロの結婚》新演出」の解説

婚約者を奪おうともくろむ伯爵に従僕のフィガロが企てるしゃれた仕返しとは?観るひとすべてを幸せにするモーツァルトの大人気傑作、待望の新制作!<恋とはどんなものかしら>をはじめ粒揃いの名曲が、男女の機微をすくい取る。すれ違いつつも愛し合う4組のカップルを演じるのは、I・アブドラザコフ、P・マッテイらオペラ界の今を担うスターたち。MET音楽監督J・レヴァインの練達の指揮、人気演出家R・エアの新プロダクションも楽しみ。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年11月15日
キャスト 指揮ジェイムズ・レヴァイン
演出リチャード・エア
出演イルダール・アブドラザコフ ペーター・マッテイ マルリース・ペテルセン マリーナ・ポプラフスカヤ イザベル・レナード
配給 松竹

(c)Anne Deniau/Metroplitan Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「METライブビューイング2014-15 モーツァルト《フィガロの結婚》新演出」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-30 00:02:02

広告を非表示にするには