オンボロ人生 作品情報

おんぼろじんせい

番匠義彰が監督したコメディ

バタヤ集落にとぐろをまく一群、「絵描き」と呼ばれる乞食、文化住宅を夢見るシャンソンと恋人の靴みがきコッペ、好色なバタヤのモン吉とその女房花子、子供の愛ちゃん、威勢のいいハチ公、消息通のバタ屋ニュースヤ、舶来乞食ジャム、元華族のロケット発明狂「御前」、肉体美をほこる心臓グラマー。彼等は一団で崩れかかった倉の中に引っこしたが、そこには知恵のまわりかねる小娘マリ子とその養父が住んでいた。近くの大衆食堂ホルモン軒には、医者のシケタ先生、流しの六さんも集る。女難の六さんはグラマーに追いまわされるが、モン吉の拾った宝クジから三十万円が当った。一同高級レストラン行、姿を消したモン吉はグラマーを囲ったという噂。

「オンボロ人生」の解説

サンデー毎日連載中の加藤芳郎の漫画をもとに、「新しい背広」の沢村勉と、「嵐の中の抱擁 おもかげは遥かなり」の富田義朗が脚本を書き、「抱かれた花嫁」の番匠義彰が監督、「逃げだした縁談」の西川亨が撮影したコメディ。主演は「黒い花粉」の佐田啓二、杉田弘子、「七人の女掏摸」の泉京子、それに久方ぶりの宮城まり子。ほかに片山明彦、小坂一也、益田キートンなどが助演。色彩はイーストマン松竹カラー。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督番匠義彰
出演益田喜頓 宮城まり子 佐田啓二 小坂一也
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「オンボロ人生」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-01-17 00:01:35

広告を非表示にするには