フィフス・エステート:世界から狙われた男 作品情報

ふぃふすえすてーとせかいからねらわれたおとこ

ジュリアン・アサンジは英雄か?反逆者か?

フィフス・エステート:世界から狙われた男のイメージ画像1

告発者を守り秘密、隠蔽情報を公開していった内部告発サイト“ウィキリークス”。その創設者であるジュリアン・アサンジとともに、カリスマ的な彼の魅力に囚われていった仲間たちは、世界的な新聞社やTV局などを上回る数々の秘密情報をウェブサイトで発信していく。しかし、アメリカのペンタゴンをはじめ世界の目から追われながら、彼らが暴露する機密情報はあまりにも過激で危険なものになっていった……。

「フィフス・エステート:世界から狙われた男」の解説

アメリカ政府をはじめ世界中の様々な情報機関にダメージを与えていった内部告発ウェブサイト“ウィキリークス”。その創設者ジュリアン・アサンジの実話に基づいた話題のサスペンス作品。ジュリアン・アサンジと彼の魅力に囚われていった仲間たちが自らの危険を冒しながらも“リーク”という武器のみで国家権力の不正に立ち向かう姿をスリリングに描きだしている。主人公ジュリアン・アサンジを演じるのは、日本でも人気沸騰中の英国俳優ベネディクト・カンバーバッチ、アサンジの容姿から言動に至る細部まで研究された彼の新境地ともいえる迫真の演技は必見。監督を務めるのは、『ドリームガールズ』『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン』のビル・コンドン。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ビル・コンドン
出演ベネディクト・カンバーバッチ ダニエル・ブリュール ローラ・リニー スタンリー・トゥッチ アンソニー・マッキー デヴィッド・シューリス
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
制作国 アメリカ=ベルギー(2013)
上映時間 128分

(C)2014 DreamWorks II Distribution Co., LLC

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-09-06

本編はマイケル・ムーア監督の一連のドキュメンタリー作品や映画〈スノーデン〉等を想わせるスリリングな展開だ!白髪のベネディクト・カンバーバッチの怪演も光るー。産軍一体の機密情報の公開か漏洩か、国民の知る権利とは何か、告発者のリスクと其の保護とは…。現代社会を揺るがすマスメディアの巨大な権力や国家権力に立ち向かうドン・キホーテさながらの姿が。


レビューを投稿する

「フィフス・エステート:世界から狙われた男」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-11 16:00:37

広告を非表示にするには