セデック・バレの真実 作品情報

せでっくばれのしんじつ

霧社事件の真実を探るドキュメンタリー

セデック・バレの真実のイメージ画像1

日本でも大ヒットを記録し、賞賛を集めた映画『セデック・バレ』の中で描かれた霧社事件の被害者・加害者それぞれの遺族や歴史学者へのインタビュー、そしてセデック族発祥の地と言い伝えられている巨石“プスクニ”を探す旅を記録したドキュメンタリー。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年8月23日
キャスト 監督タン・シャンジュー
配給 オリオフィルムズ、マクザム
制作国 台湾(2013)
上映時間 154分

(C)ARS Film Production

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-03-28

ニュージーランド映画〈ザ・ウオリーアー〉を視ていたら本編の長篇劇映画版の〈セデイック・バレ〉を連想した…。実話を基にしたエンターテインメントで過去の統治側の日本軍と部族支配の仕組みが透けて見えるー。本編は険しい山岳を登山しながら史実上の勇敢な先祖を辿ったルーツを巡るドキュメント何だ。独特の叫び声や歌う声が何時までも耳に残った?


レビューを投稿する

「セデック・バレの真実」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-04-02 16:00:04

広告を非表示にするには