仕立て屋の恋 作品情報

したてやのこい

パトリス・ルコントの初期代表作

仕立て屋の恋のイメージ画像1

薄暗い公園でピオレットという青年が殺された。捜査を担当した刑事は、以前強制わいせつ罪で捕まったことのある仕立て屋イール氏の犯行ではと疑う。極端にきれい好きで孤独なイールは近所の人々からは嫌われており、売春宿に通い、ボーリング場で抜群の腕を披露することを習慣としていたが、そんな生活に変化が起きていた。中庭をはさんだ向かいに住む美しいアリスの生活を、夜毎、電気もつけずにただ眺めることで、彼は彼女に恋い焦がれていた。アリスの部屋に時々婚約者が訪れるのも知っていた。アリスはエミールと結婚したいと願っていたが、彼はいつも返事をごまかしていた。ある夜、自分の部屋を覗き見るイールの存在に気づいたアリスは、最初ショックを受けるが、やがて事件のことを知っているかどうか確かめるためにイールに接近していく。

「仕立て屋の恋」の解説

パトリス・ルコントが、ジョルジュ・シムノンの同名小説をもとに監督・脚本を手がけた初期代表作。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年8月16日
キャスト 監督パトリス・ルコント
音楽マイケル・ナイマン
出演ミシェル・ブラン サンドリーヌ・ボネール リュック・テュイリエ
配給 熱帯美術館
制作国 フランス(1989)
上映時間 80分

(C)1989 - CINE A - France 3 FILMS PRODUCTIONS - HACHETTE PREMIERE & Cie

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-03-13

満島ひかりが主演した江戸川乱歩短篇集の中の一寸シュールな色っぽいショートショートのTVドラマ〈人間椅子〉を視聴していて、パトリス・ルコント監督の本編や映画〈髪結いの亭主〉を想い浮かべていた…。本編のサスペンス仕立ては、あのヒッチコック監督のグレース・ケリー&ジェイムス・スチュアート主演の映画〈裏窓〉を確かに意識しているだろう。そして〈髪結い…〉も又、夢物語で有りながらサプライズな幕切れが憎い程だった!


レビューを投稿する

「仕立て屋の恋」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-03-18 16:00:04

広告を非表示にするには