舞妓はレディ 作品情報

まいこはれでぃ

舞妓を目指す少女の成長物語

舞妓はレディのイメージ画像1
舞妓はレディのイメージ画像2

舞台は京都。歴史の古い小さな花街・下八軒は、舞妓がたった一人しかいないという、大きな悩みを抱えていた。そこへ、津軽弁と鹿児島弁のバイリンガルという、おかしな方言を話す女の子が「舞妓になりたい」とやってきた。全国の方言を操るヘンな大学教授の計らいで、お茶屋の仕込みさん(住み込みの見習い)になった彼女は、コワい師匠や先輩たちに囲まれ戸惑いながらも、舞妓になるために大奮闘!しかし、厳しい花街のしきたり、唄や舞踊の稽古、慣れない言葉遣いに戸惑い、ついに春子は声が出なくなってしまう……。

「舞妓はレディ」の解説

京都の花街を舞台に、舞妓、芸妓、女将、馴染みの客たちが、唄って踊って舞いあがる国民的エンターテインメント作品。監督を務めるのは、卓越した観察眼と徹底した取材力、抜群のユーモアで驚きと笑いを生み出す周防正行。20年前からネタを温めていたものの、イメージに合う女優が見つからず、長らく温存されていたという。そんな本作の主演の座を射止めたのは、鹿児島生まれの16歳、上白石萌音。素朴な風貌からは想像のつかない並外れた歌唱力で、周防流シンデレラストーリーを体現している。(作品資料より)

舞妓はレディのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年9月13日
キャスト 監督・脚本周防正行
出演上白石萌音 長谷川博己 富司純子 田畑智子 草刈民代 渡辺えり 竹中直人 高嶋政宏 濱田岳 小日向文世 岸部一徳
配給 東宝
制作国 日本(2014)

(C)2014 フジテレビジョン 東宝 関西テレビ放送 電通 京都新聞 KBS京都 アルタミラピクチャーズ

ユーザーレビュー

総合評価:3.78点★★★☆、9件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-03-19

本編を観ていて、嘗て知り合いの太鼓持ちの紹介で一力亭を見学した時の事を想い出したんだ。こんなに若い芸者やベテランの粋な芸能と舞妓の世界は周防正行監督の着眼点そのもの?本編は京都先斗町の茶店「上七軒」為らぬ「下八軒」、〈マイフェア・レデイ〉為らぬ〈舞妓はレデイ〉で、〈シャルウイダンス〉でのアイデア奇天烈な社交ダンスの世界を京舞の華やかなミュージカル・コメディーに?????????ジャパニーズ芸者ムービー?


レビューを投稿する

「舞妓はレディ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-03-24 16:00:05

広告を非表示にするには