アバウト・タイム~愛おしい時間について~ 作品情報

あばうとたいむいとおおしいじかんについて

かけがえのない1日を大切に生きる

風光明媚な英国コーンウォールで両親、妹、叔父と暮らすティム。21歳になった新年、父から驚くべき秘密を打ち明けられる。一家の男たちは代々タイムトラベルの能力があるのだと。ただし、移動できるのは自分の過去のみ。内気で冴えない自分に嫌気が差していたティムだったが、過去に戻る能力を駆使して、恋に、友情に、仕事に邁進して行く。弁護士を目指してロンドンに出たティムの前に、運命の女性メアリーが現れる。

「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」の解説

平凡で非凡な人生。『ラブ・アクチュアリー』の名匠リチャード・カーティスが最後の監督作として描くのは、タイムトラベルという突飛な要素を盛り込みつつも、普遍的な愛と家族の物語。持ち味であるウィットと温かなユーモアに満ち、観る者を幸せにする。音楽とシーンがシンクロする完璧なサウンドトラックも秀逸だ。主演のドーナル・グリーソンは、話題作『スター・ウォーズ:エピソード7』にも出演するアイルランド出身の期待の新星。過去への旅をくり返しながら成長して行く姿を好演する。相手役にはレイチェル・マクアダムス。監督自身の父へのオマージュが込められた父親役には、カーティス作品常連の名優ビル・ナイ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年9月27日
キャスト 監督・脚本リチャード・カーティス
出演ドーナル・グリーソン レイチェル・マクアダムス ビル・ナイ トム・ホランダー マーゴット・ロビー リンゼイ・ダンカン
配給 シンカ、パルコ
制作国 イギリス(2013)
上映時間 124分

(C)Universal Pictures

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ゆっき~」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2014-09-30

お話は、すごく暖かくてよかったです。ただし、アラフォーのレイチェルマクアダムスが20代前半を演じるのはちょっと無理があったような(笑)さえない主人公役の人は、ハリポタのロンのお兄ちゃんでしたね!アンナカレーニナにも、さえない役で出てました(笑)


レビューを投稿する

「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-08-15 00:02:13

広告を非表示にするには