イーダ 作品情報

いーだ

戦後東ヨーロッパの光と影

イーダのイメージ画像1
イーダのイメージ画像2

60年代初頭のポーランド。孤児として修道院で育てられた少女アンナは、ある日院長からおばの存在を知らされる。一度も面会に来ないおばに興味を持ったアンナは彼女を訪ねるが、そこでおばの口から伝えられた言葉に衝撃を受ける。「あなたの名前はイーダ・レベンシュタイン、ユダヤ人よ」。突然知らされた自身の過去。私はなぜ両親に捨てられたのか?イーダはおばと共に出生の秘密を知るため、旅にでることに……。

「イーダ」の解説

ホロコーストの悲劇、共産主義の抑圧といった歴史の波に翻弄された戦後ポーランドの光と影をリリカルなタッチで描く傑作。監督は、14歳のときに共産主義体制のポーランドを出て、ヨーロッパ各国で映画を撮り続けてきた映画作家パヴェウ・パヴリコフスキ。モノクロによる撮影、クラシックなスタンダード・サイズの採用、極端に切り詰められた台詞などミニマルな映像美で描かれた少女の成長物語は、観る者に静かな感動を与えてくれる。(作品資料より)

イーダのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年8月2日
キャスト 監督・脚本パヴェウ・パヴリコフスキ
出演アガタ・クレシャ アガタ・チュシェブホフスカ ダヴィド・オグロドニク
配給 マーメイドフィルム
制作国 ポーランド=デンマーク(2013)
上映時間 80分

(C)Phoenix Film Investments and Opus Film

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「イーダ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-04-26 16:47:00

広告を非表示にするには