劇場版 空の境界 「未来福音」 作品情報

げきじょうばんからのきょうかいみらいふくいん

未来を祈り現在を願う、ひと夏の物語

劇場版 空の境界 「未来福音」のイメージ画像1
劇場版 空の境界 「未来福音」のイメージ画像2

1998年8月3日、猛暑の盛り。倉密メルカを追って、両儀式は現れた。「――よう。追いついたぜ、爆弾魔」その直後、式は爆発に巻き込まれる。彼には“未来を予見する力”があった。同じ夏。礼園女学院の生徒・瀬尾静音は、ひょんなことから、黒桐幹也に出会う。無条件に自分の言葉を信じてくれた幹也に、淡い恋心を抱いた静音。静音は、幹也に長年培ってきた悩みを打ち明ける。「わたし、未来が視えるんです」それから数年後、また暑い夏がやってきた。瓶倉光溜は雇い主の依頼で、その娘の未那と共に、「未来が視える」占い師の元を訪ねる……。未来を視る者たちがつくり出す舞台は、多くの主役たちによって回っていく。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年9月28日
キャスト 監督須藤友徳
原作奈須きのこ
配給 アニプレックス
制作国 日本(2013)

(C)奈須きのこ/星海社・アニプレックス・講談社・ノーツ・ufotable

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「名無し」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2013-10-17

以前に武内さんがコミケで出した漫画の内容も映像化されていてとてもよかったです。すでに原作を読んだ人でも楽しめますし、お金を払って見る価値はあると思います。


レビューを投稿する

「劇場版 空の境界 「未来福音」」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-27 15:43:08

広告を非表示にするには