そして父になる 作品情報

そしてちちになる

6年間育てた息子は、他人の子だった…

そして父になるのイメージ画像1
そして父になるのイメージ画像2

大手建設会社に勤める野々宮良多は、都内の高層マンションで妻みどりと6歳の息子・慶多と3人で暮らしていた。ある日、慶多が生まれた病院から連絡がある。DNA鑑定の結果、慶多は他人の子だった。病院の仲介で会った相手方は、群馬で小さな電気店を営む斎木一家。粗野で境遇も違う斎木夫婦に嫌悪感を抱く良多だが、交流を深めるうちに実子である琉晴に自分とのつながりを見いだしていく。思い悩んだ良多の決断は…。

「そして父になる」の解説

第66回カンヌ国際映画祭で審査委員賞を受賞した本作。主人公は6歳の息子を持つやり手のビジネスマン。常に競争を意識し、人生の“勝ち組”として生きる男には、優しすぎる息子はどこか物足りない。そこまではよくある話かもしれない。それが“子供の取り違え”によって急展開する。普通ならそれが事実だとわかっても、6年も育てた子供を“交換”する事はあり得ないと思うだろう。しかし本作では、その“ゆらぎ”が克明に描かれる。“血”が大事なのか、それとも暮らした“時間”が大事なのか。そして子供に、つい自分に似た部分を見いだそうとする大人の愚かさを突きつける。テーマは重いが決して重苦しい映画ではない。特に男性は必見だ。

そして父になるのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年9月28日
キャスト 監督・脚本・編集是枝裕和
出演福山雅治 尾野真千子 真木よう子 リリー・フランキー 風吹ジュン 樹木希林 夏八木勲
配給 ギャガ
制作国 日本(2013)
上映時間 120分

(C)2013『そして父になる』製作委員会

DVD・ブルーレイ発売情報

そして父になる DVDスペシャル・エディション

そして父になる DVDスペシャル・エディションジャケット写真
発売日2014年4月23日
価格5,700円+税
発売元フジテレビジョン
販売元アミューズソフト
型番ASBY-5727

大手建設会社に勤める野々宮良多は、都内の高層マンションで妻みどりと6歳の息子・慶多と3人で暮らしていた。ある日、慶多が生まれた病院から連絡がある。DNA鑑定の結果、慶多は他人の子だった。病院の仲介で会った相手方は、群馬で小さな電気店を営む斎木一家。粗野で境遇も違う斎木夫婦に嫌悪感を抱く良多だが、交流を深めるうちに実子である琉晴に自分とのつながりを見いだしていく。思い悩んだ良多の決断は…。
【特典】
予告集

(C)2013「そして父になる」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.36点★★★★☆、11件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-08-28

NHKTV昼生のゲストに本編の是枝裕和監督が出ていた。番組の中で明らかにされたのが子役に台本を渡さないと言う事や怒らないと言う事。むしろ子役の口癖に即して大人の俳優がリアクションして行くー。ドキュメンタリータッチのリリカルな雰囲気はそんな演出の賜物何だろう。此がテレビディレクターと二足草鞋の映画監督の創作の秘密だった!


レビューを投稿する

「そして父になる」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-15 00:12:04

広告を非表示にするには