獣たちの熱い眠り 作品情報

けものたちのあついねむり

追放されたプロテニスプレーヤーの復讐劇

プロテニスの花形プレーヤー三村浩司は親友、中田が長崎で新設したテニスクラブのコート開きに顔を出した。その晩、何軒か飲み歩いた三村は、鳥飼陽子の店「トパーズ」で同席したジューンという女と一夜を伴にした。マゾ的な彼女を責める三村。帰京した三村に岸井という男が訪ねてきた。岸井は三村とジューンのSMプレイのような情事の写真を三千万円で買えと迫る。数日後、三村は岸井に再会すると、百万円だけ渡し、徹底的にブチのめした。翌週の週刊誌は三村のスキャンダルで沸いた。そして、三村のプレーヤー資格は停止となった。三村は自ら事件を解決しようと、長崎へ飛んだ。ジューンのマンションは空室、さらに、中田が岸井らに脅迫され、一枚噛んでいたことも分かった。三村は陽子に釣りに誘われ、船上で岸井と配下の鈴木に襲われるが、返り討ちにすると、陽子にドロを吐かせた。何と、罠を仕掛けた背後に、三村のかっての恋人、清水孝子がおり、黒幕に、国会議員、黒柳の筆頭秘書、野々村の脅しグループがいることをつきとめた。

「獣たちの熱い眠り」の解説

恐喝組織の網にかかって選手生活から追放されたプロテニスの花形プレーヤーの復讐を描く。勝目梓の同名の小説の映画化で、脚本は「蘇える金狼」の永原秀一、監督は「野獣死すべし(1980)」の村川透、撮影は「ヨコハマBJブルース」の仙元誠三がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督村川透
出演三浦友和 なつきれい 宇佐美恵子 風吹ジュン 石橋蓮司
制作国 日本(1981)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「コウダクーミン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-26

ゾクゾク感がたまらない。サイコーな映画だった!


レビューを投稿する

「獣たちの熱い眠り」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-05-01 16:01:58

広告を非表示にするには