四十九日のレシピ 作品情報

しじゅうくにちのれしぴ

母のレシピが、遺された父と娘を変えてゆく

四十九日のレシピのイメージ画像1
四十九日のレシピのイメージ画像2

東京で夫と義母と暮らしていた百合子は、母・乙美の死を機に実家に帰ることにする。実は百合子の夫・浩之は浮気をしており、相手のお腹の中には子どもがいるというのだ。実家に着くと、父と派手な化粧をした若い娘の姿が。イモと名乗るその娘は、乙美がボランティアをしていた更生施設で彼女に世話になっていたと言う。イモは乙美が作っていた暮らしのレシピカードを差し出して、乙美の望む「四十九日の大宴会」をやろうと言い出す。

「四十九日のレシピ」の解説

自分の死に際して、人はどのような準備ができるだろうか。配偶者や子ども、友人たちに大切なことをきちんと伝えることができる人は、どのくらいいるのだろうか。本作『四十九日のレシピ』は、突然亡くなった母・乙美の遺した暮らしのレシピノートをもとに、生活を立て直し、母の想いを知り、自身も強くなっていく女性の姿が描かれている。思っていることをなかなか口にできない父と娘・百合子を演じるのは、石橋蓮司と永作博美。天真爛漫な少女・イモを演じる二階堂ふみと日系ブラジル人三世のハルを演じる岡田将生の好演も注目だ。伊吹有喜のベストセラー小説をやさしく包み込むような映像で映画化した監督は、『ふがいない僕は空を見た』のタナダユキ。

四十九日のレシピのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年11月9日
キャスト 監督タナダユキ
原作伊吹有喜
脚本黒沢久子
出演永作博美 石橋蓮司 岡田将生 二階堂ふみ 原田泰造 淡路恵子 内田慈 荻野友里 中野英樹 小篠恵奈 執行佐智子 赤座美代子 茅島成美
配給 ギャガ
制作国 日本(2013)

(C)2013映画「四十九日のレシピ」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「しほみんたかみん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2013-11-22

ラストの永作博美の表情の変化が、そのままこの作品の評価になると思います。観に行って良かった。


レビューを投稿する

「四十九日のレシピ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-25 00:01:15

広告を非表示にするには