横道世之介 作品情報

よこみちよのすけ

世之介がいるだけで、笑顔が広がった。

横道世之介のイメージ画像1
横道世之介のイメージ画像2

長崎県の港町で育った横道世之介は、大学進学のため上京する。田舎でのんびり育った世之介は、バブル真っ盛りの大都会東京で、浮きまくる。しかし、まっすぐで、疑うことを知らず、頼まれた事は断れない世之介に、周囲は次第に魅了されていく。そんな世之介に、ついに春がやってきた。世之介はパーティー好きの年上の女性に夢中。そして、世之介に片思いするお嬢様も現れて…。

「横道世之介」の解説

吉田修一原作の同名の小説が、『悪人』に続いて映画化。80年代の東京を舞台に、田舎者丸出しでバブルを楽しむ大学生、横道世之介の恥ずかしくも愛しい青春を描く。長崎県の田舎町で育った世之介にとって、東京はまるで別世界。世間知らずで空気が読めない世之介を、周囲はバカにしながらも、彼の純真な優しさに、次第に心を開いていく。好景気に浮かれながら、どこかで背伸びをしていた80年代。世之介に自分を重ねてしみじみする40代も多いのでは?出演は、高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、伊藤歩、綾野剛ほか、日本映画の将来を担う若手実力派に、國村隼、きたろう、余貴美子らベテランが脇を固める。監督は、『南極料理人』の沖田修一。

横道世之介のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年2月23日
キャスト 監督・脚本沖田修一
脚本前田司郎
原作吉田修一
出演高良健吾 吉高由里子 池松壮亮 伊藤歩 綾野剛 朝倉あき 黒川芽以 柄本佑
配給 ショウゲート
制作国 日本(2012)
上映時間 160分

(C)2013『横道世之介』製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.67点★★★★☆、6件の投稿があります。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-05-17

雪の日の待望のキスシーン。吉高由里子の突き出した唇に触れる横道世之介こと高良健吾♪思い掛けずクレーンでカメラは上昇…。!<シェルブールの雨傘>の冒頭の鳥瞰見たいに二人はキッスしながら天にも昇る心地で回転する!その足跡の白さが可愛い♪実はラストで彼が若くしてこの世を去って逝く伏線なのかも。接写をせずに引いたカメラワークの持ち味が沖田修一監督作品のユーモアとペーソスある画面作りの特徴だろうー。


レビューを投稿する

「横道世之介」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-05-22 16:33:58

広告を非表示にするには