輪舞('50) 作品情報

りんぶ

戯曲『ラ・ロンド』の映画化

1900年のウィーン。狂言まわしの解説によって、恋の輪舞が語られる。売笑婦は兵隊を恋している。彼を強引に誘惑しようとするが、逃出した兵隊は可憐な小間使いをだましてたやすく純潔をうばってしまう。小間使いの若主人はドン・ファンを気取る小説狂で先ず彼女を恋愛術の小手試しにした上、上流の人妻の処へ出かけ、苦心の末やっと獲得する。この人妻の夫は妻がめきめき美しくなって来たので有頂天だが、彼にも売子という相手がある。

「輪舞('50)」の解説

アルトゥール・シュニッツラーの戯曲『ラ・ロンド』の映画化1950年作品。監督者マックス・オフュルス(在米時代「未知の女からの手紙」や「風雲児」あり)と「赤針嶽」のジャック・ナタンソンが協同脚色した。尚オフュルス監督には最近作「快楽」がある。撮影は「青髭」のクリスチャン・マトラ、音楽はオスカー・シュトラウスの担当である。登場人物が一人づつ順ぐりに組合さる題材の性質上、俳優はトップランクのスタアが揃えられている。即ち「老兵は死なず」のアントン・ウォルブルック、「宝石館」のシモーヌ・シニョレ、「処女オリヴィア」のシモーヌ・シモン、「五本の指」のダニエル・ダリュー、「乙女の星」のオデット・ジョアイユー、「鉄格子の彼方」のイザ・ミランダ、「二百万人還る」のセルジュ・レジアニ、「狂恋」のダニエル・ジェラン、「快傑ゲクラン」のフェルナン・グラヴェ、「天井桟敷の人々」のジャン・ルイ・バロー、「愛人ジュリエット」のジェラール・フィリップである。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督マックス・オフュルス
出演アントン・ウォルブルック セルジュ・レジアニ シモーヌ・シモン ダニエル・ジェラン
制作国 フランス(1950)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「輪舞('50)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:09:00

広告を非表示にするには