モンスターズ/地球外生命体 作品情報

もんすたーずちきゅうがいせいめいたい

総製作費130万円で製作された、一級のモンスター・パニック

モンスターズ/地球外生命体のイメージ画像1

太陽系に地球外生命体の存在を確認したNASAは、探査機を使いサンプルを採取する。しかし、大気圏突入時にメキシコ上空で大破してしまう。その直後から、地球外生命体が増殖をし始め、メキシコの半分が隔離される事態に。それから6年後、“モンスター”たちにより多大な被害を受けているメキシコでスクープを狙うカメラマンのコールダーは、怪我をした社長令嬢のサマンサをアメリカ国境まで送り届ける役目を与えられる。

「モンスターズ/地球外生命体」の解説

カンヌ国際映画祭で上映された途端世界中で話題となり、タランティーノ、ピーター・ジャクソン、リドリー・スコットらが絶賛したという本作は、地球外生命体の増殖による被害が甚大なメキシコを舞台に、“モンスター”と人間の死闘を描くパニック・ムービー。監督は主にTVドキュメンタリーのVFXスタッフとして活躍していた新星ギャレス・エドワーズ。本作のほとんどの視覚効果は、自宅の地下室をスタジオ代わりにして完成させたのだという。総製作費は約130万円という超低予算で迫力の怪獣映画を作り上げたことは驚きだ。エドワーズ監督は新しいハリウッド版『ゴジラ』の監督に大抜擢され、一躍時の人として注目されている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年7月23日
キャスト 監督・脚本ギャレス・エドワーズ
出演ホイットニー・エイブル スクート・マクネイリー
配給 クロックワークス
制作国 イギリス(2010)
上映時間 94分

(C)Vertigo State 2010 [Amazonで購入]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「モンスターズ/地球外生命体」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-10-03 14:37:12

広告を非表示にするには