風吹く良き日 作品情報

かぜふくよきひ

ソウルの街角に生きる若者をリアルに描いた、韓国ニューウェーブの傑作

ソウルの街はずれで出会った地方出身者の3人の青年。中華料理店の出前持ちのトッペ、理髪店の下働きのチュンシク、ホテルの使い走りキルナム―彼らは互いに励まし合い、反発し合いながら報われない日々を過ごしていた。3人それぞれに想いを寄せる相手がいたが、トッペは金持ちの令嬢ミョンヒに傷つけられ、キルナムは恋人に金を持ち逃げされ、チュンシクは傷害事件を起こしてしまう。そんな3人に、やがて別れの日がやってきた。

「風吹く良き日」の解説

1979年、パク・チョンヒ政権崩壊後の民主化のうねりの中に生まれた“韓国ニューウェーブ”の到来を告げたイ・ジャンホ監督(1976年から映画製作を禁じられていた)の記念碑的作品が、製作から30年以上の時を経て公開される。発展途上にあったソウルの街の喧騒、そこに生きる若者たちをリアルに描いた本作は、時の軍事政権下にあって、表現の自由を求めせめぎ合った映画人たちの象徴のような作品でもある。主役のひとりを演じた、今や韓国を代表する俳優と言っていいアン・ソンギの、学業に専念するため一度退いていた俳優業に復帰した時期の作品で、彼の若き日の瑞々しい演技を堪能できる一作でもある。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年6月18日
キャスト 監督・脚本イ・ジャンホ
原作チェ・イルナム
出演アン・ソンギ イ・ヨンホ キム・ソンチャン ユ・ジイン キム・ボヨン
配給 太秦
制作国 韓国(1980)
上映時間 113分

(C)東亜輸出公司

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-18

日本で言えば青春ドラマ<俺たちの旅路><飛び出せ青春>等を思わせる韓流版青春グラフテイ。子役の時から親しまれた韓国を代表する国民的名優アン・ソンギらが初々しい…。失恋あり、別れあり…。映画<鯨捕り>と併せて再ロードショー。本人の来日の折りサインのファン・サービスも!


レビューを投稿する

「風吹く良き日」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-04-23 16:01:52

広告を非表示にするには