少年マイロの火星冒険記 作品情報

しょうねんまいろのかせいぼうけんき

火星人に誘拐されたママを救え! ママを思うマイロの心が、火星の歴史を大きく変える…!?

9歳の少年・マイロは毎日ママに怒られてばかり。思わず「ママがいなければいいのに」と言ってママを傷付けてしまった。その夜、マイロの目の前で、ママが宇宙船にさらわれてしまう。ママを追いかけたマイロは宇宙船に一緒に乗り、火星に辿り着く。火星地下基地のゴミ処理場で、マイロはグリブルと名乗る地球人に出会う。マイロはグリブルの協力のもと、ママの救出に向かう事に。マイロはママを救い出し、謝る事が出来るのか?

「少年マイロの火星冒険記」の解説

火星を舞台にした少年の冒険をCGアニメで表現した本作は、ただのアニメではない。パフォーマンス・キャプチャーの技術を利用し、俳優たちの演技をそれぞれのキャラクターの演技に反映させているのだ。9歳の少年であるマイロを1974年生まれのセス・ローゲンが演じているのは、この技術あってこそと言えるだろう。細部まで作り込まれた火星の地下基地の様子や、女性中心の火星人の生活形態なども見応えあり。お互いを思い合う、マイロとママの母子愛も見どころだ。監督は、アニメ作品、実写作品両方の監督経験を持つサイモン・ウェルズ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年4月23日
キャスト 監督サイモン・ウェルズ
製作ロバート・ゼメキス
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
制作国 アメリカ(2011)
上映時間 89分

(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「少年マイロの火星冒険記」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-14 14:43:22

広告を非表示にするには