ジーン・ワルツ 作品情報

じーんわるつ

日本の産婦人科医療が抱える問題に、女性産婦人科医が叩きつけた挑戦状とは…?

帝華大学医学部産婦人科の助教、曾根崎理恵。彼女は大学病院で教鞭をとる傍ら、産科医院・マリアクリニックの院長代理も務めていた。体外受精や代理母出産の必要性を説く理恵は、大学からは要注意人物扱いされている。准教授の清川は、そんな理恵に惹かれつつも、彼女の言動を危惧していた。そんな中、マリアクリニックでの仕事に専念するため理恵が大学病院を去る。クリニックには、様々な事情を抱えた4人の妊婦が通院していた…。

「ジーン・ワルツ」の解説

海堂尊の同名医療ミステリー小説を映画化。今まで「死亡時画像病理診断」「救急医療」などの医療問題にスポットを当ててきた海堂が本作では産婦人科医療の問題点をあぶり出している。タブーに挑む産婦人科医・曾根崎理恵に扮したのは、『パーマネント野ばら』の菅野美穂。彼女を支える清川准教授には田辺誠一が扮している。劇中には、様々な問題を抱える妊婦4人が登場。日本人女性が抱える問題点を体現する彼女らが、それぞれ感動的な生命のドラマを見せる。深刻な医療問題を描きながらも感動を得られるのは、“生命の誕生”という、かけがえのない奇跡を描いているからだろう。監督を務めたのは、『NANA』『NANA2』の大谷健太郎。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年2月5日
キャスト 監督大谷健太郎
出演菅野美穂 田辺誠一 大森南朋 南果歩 風吹ジュン 浅丘ルリ子 白石美帆 桐谷美玲 音尾琢真 須賀貴匡 濱田マリ 大杉漣 西村雅彦 片瀬那奈
配給 東映
制作国 日本(2011)
上映時間 111分

(C)2011「ジーン・ワルツ」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3.6点★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「チャー」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2011-02-14

ウチの子は、先生が一人しかいない小さな病院で、双子の出産と重なって、当時92才の助産婦さんに手伝いに来てもらい、とり上げてくれた。 コノ映画は、自分の家庭の話を観ているようだった(笑)画面の中の海堂さんは 嬉しそうな表情に見えたよ~!


レビューを投稿する

「ジーン・ワルツ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-27 15:43:49

広告を非表示にするには