GANTZ 作品情報

がんつ

“残された最後のカリスマ漫画”、実写映画化!!

就職活動中の大学生・玄野は、地下鉄の駅で幼なじみの加藤を見かける。正義感の強い加藤は、線路に落ちた酔っ払いを助けようとするが、手を貸した玄野と共に電車に轢かれてしまう。次の瞬間、二人は見知らぬマンションの一室で目を覚ます。その部屋には、GANTZ<ガンツ>と呼ばれる黒い巨大な球体と、玄野たちと同じように、どこからか転送されてきた人々がいた…。

「GANTZ」の解説

2000年7月に週刊ヤングジャンプ(集英社)で連載が開始され、コミックスの売上が累計1350万部を突破(既刊29巻・2010年11月現在)した人気コミック『GANTZ』。連載開始当初から映像化が期待されてきたが、スタイリッシュなデザイン、激しいアクション、独創的な世界観、膨大なストーリーを描ききる術がなく、ハリウッドを含めた多くの映画会社・プロダクションが断念してきた作品が、ついに映画化された。主演は、『硫黄島からの手紙』で世界的な評価を受け、映画出演オファーが殺到する二宮和也と、『デスノート』から『ノルウェイの森』まで、幅広いキャラクターをこなす松山ケンイチ。スタイリッシュなヴィジュアルやワイヤーアクションはもちろんのこと、若手演技派俳優の筆頭をなす二人が交わす、憧れと反発が表裏一体となった男の友情模様も見応えあり。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年1月29日
キャスト 監督佐藤信介
原作奥浩哉
出演二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子 本郷奏多 夏菜 伊藤歩 田口トモロヲ 山田孝之
配給 東宝
制作国 日本(2011)
年齢制限 PG-12

(C)奥浩哉/集英社(C)2011「GANTZ」FILM PARTNERS

ユーザーレビュー

総合評価:4.11点★★★★☆、45件の投稿があります。

P.N.「ニノコ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2011-05-10

そこそこおもしろい


レビューを投稿する

「GANTZ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-12 15:03:07

広告を非表示にするには