脇役物語 作品情報

わきやくものがたり

名脇役・益岡徹“初主演”で贈る、笑いとロマンスに満ちた人生讃歌

万年脇役俳優の松崎ヒロシは、離婚したあと、有名な劇作家の父親と同居している。ある日、いつもどおりドラマの脇役を淡々とこなしていた彼のもとに、ウディ・アレン映画の日本版リメイクの主役の話が舞い込んだ。ようやくツキが回ってきたと思った矢先、ひょんなことから大物議員の妻・黒岩トシ子の不倫相手に間違われてしまい、映画の話は消えてしまう。そんな時、駅のホームでスリの濡れ衣を着せられていた女性アヤを助ける。

「脇役物語」の解説

職場でも私生活でも“脇役キャラ”。街を歩けばいろんな職業の人に間違われてしまう――そんなうだつの上がらない中年男が、やっと訪れた人生最大のチャンスをものにできるのか…。ある平凡な男の、笑いとロマンスに満ちた日常を軽快なテンポで描いたドラマだ。これまで海外を拠点に映像作家として活動し、短編映画『不老長寿』が各国で高い評価を受け、長編映画が待ち望まれていた緒方篤監督が本作でデビューを飾った。自身も名脇役として映画・ドラマ・舞台で活躍している益岡徹が主人公を演じている。純粋な中年男の姿を、時にコミカルに、時に哀愁を漂わせながら好演、観る者の共感を誘うのは彼ならではの魅力だろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年10月23日
キャスト 監督・原案・脚本・製作緒方篤
出演益岡徹 永作博美 津川雅彦 松坂慶子 柄本明 前田愛 佐藤蛾次郎 柄本佑 イーデス・ハンソン 角替和枝 江口のりこ 中村靖日
配給 東京テアトル
制作国 日本(2010)
上映時間 97分

(C)2010 Dream On Productions

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「シーザー」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2010-10-25

ぬるい映画です(笑)良く言えばシブい。 サライの購読層にオススメな気がします。 外国の人たちとの共同制作のためか、英語の字幕が下に出てます。演技もちょっと日本離れしてるというか、三谷ワールドにも近いかも。益岡徹の個性的な演技と永作博美の40才とは思えん初々しさは見ものです。最後はほろっと来るかも。


レビューを投稿する

「脇役物語」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-27 15:43:56

広告を非表示にするには