塔の上のラプンツェル 作品情報

とうのうえのらぷんしぇる

グリム童話の「髪長姫」が、ディズニーの魔法にかかったら…!? オトナも楽しめるハイクオリティな作品

塔の上のラプンツェルのイメージ画像1

深い森に囲まれた、高い塔の上で暮らしてきたラプンツェルは、黄金に輝く長い髪を持った少女。母親に「外は恐ろしい世界。絶対に出てはダメ」と言われつづけ、塔から一歩も出たことがない。そんな彼女の夢は、毎年、誕生日になると夜空いっぱいに現れる“不思議な灯り”を近くまで見に行くことだった。ラプンツェルの18回目の誕生日が近づいてきたある日、お尋ね者の大泥棒フリンが塔の中に迷い込んで来て…!?

「塔の上のラプンツェル」の解説

1937年に、世界初の長編カラー・アニメーション『白雪姫』を生み出したディズニー・アニメーション・スタジオ。その記念すべき50作目の題材に選ばれたのは、奇しくも『白雪姫』と同じグリム童話で、ウォルト・ディズニー自身が生前に映画化を企画していた“ラプンツェル”(髪長姫)だった。監督は『ボルト』のネイサン・グレノ。作曲は『美女と野獣』、『アラジン』などで8度のアカデミー賞に輝くアラン・メンケン。そしてもちろん、製作総指揮はジョン・ラセターという最強の布陣で贈る本作は、早くも名作の呼び声が高い。なかでも、無数のランタンが夜空を漂うクライマックス・シーンの美しさは必見! ディズニー王国の底力を改めて見せつけられる、ハイクオリティな作品だ。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年3月12日
キャスト 監督ネイサン・グレノ バイロン・ハワード
脚本ダン・フォーゲルマン
声の出演マンディ・ムーア ザッカリー・レヴィ ドナ・マーフィ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
制作国 アメリカ(2010)

(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ユーザーレビュー

総合評価:4.54点★★★★☆、28件の投稿があります。

P.N.「まゆぼう」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-03-13

久しぶりに見ました。馬のマキシマスとフリンのコンビ(?)がいい味だしててよかったです。城内へいって踊るシーンとか、再開のシーンはじーんとなりました。


レビューを投稿する

「塔の上のラプンツェル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-07-20 11:26:16

広告を非表示にするには