シネマ歌舞伎『大江戸りびんぐでっど』 作品情報

しねまかぶきおおえどりびんぐでっど

宮藤官九郎が歌舞伎に挑戦! 江戸に出没した“ぞんび”たち、“はけん”として低賃金で働かされて…

シネマ歌舞伎『大江戸りびんぐでっど』のイメージ画像1

時は江戸時代。夫を亡くしたお葉は、くさやの名産地・新島から江戸に出て来て、くさやの商いを始める。その頃、新島ではくさや汁を浴びて死体が甦り、“ぞんび”となる事件が起きていた。お葉に想いを寄せていた半助は、彼女を追って江戸に出て来るが、“ぞんび”を連れて来ていた。危険な作業も平気な“ぞんび”を人間の代わりに“はけん”として働かせる人材派遣会社を始めた半助。お葉と一緒に暮らし始め、商売も大繁盛するが…。

「シネマ歌舞伎『大江戸りびんぐでっど』」の解説

平成21年12月、歌舞伎座のさよなら公演として上演された新作歌舞伎『大江戸りびんぐでっど』をHD高性能カメラで撮影した本作。作・演出を宮藤官九郎が手掛けた本作は「これが歌舞伎座のさよなら公演?」と驚いてしまうような、ぶっ飛んだ作品。なんと言っても、登場人物の多くは、半分体が腐ったような“ぞんび”で、“ぞんび”たちはマイケル・ジャクソンの「スリラー」ばりにダンスを踊るのだ。しかし、作品からは歌舞伎役者たちが、自由にこの新しい歌舞伎を楽しんでいる雰囲気が伝わって来る。坂東三津五郎のぞんび姿など、さすがの芸他者ぶり。安い賃金で取り替え自由、死人のように働かされる“派遣労働者”問題への風刺も盛り込み、新しい歌舞伎に挑戦した意欲作だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年8月29日
キャスト 作・演出宮藤官九郎
特殊メイク西村喜廣
出演市川染五郎 中村七之助 中村勘三郎 中村福助 中村橋之助 中村勘太郎 中村扇雀 坂東三津五郎 坂東彌十郎 中村獅童 市川猿弥 井之上隆志
配給 松竹
制作国 日本(2010)

(C)松竹株式会社

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「シネマ歌舞伎『大江戸りびんぐでっど』」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-08-18 00:01:03

広告を非表示にするには