エスター 作品情報

えすたー

無垢な少女に隠された、鮮烈な恐怖と狂気を目撃せよ

エスターのイメージ画像1

赤ん坊を死産したショックから立ち直れずにいたケイトとジョン。この傷を癒すため、二人は養子を迎えることを決意する。訪れた孤児院で二人は他の子と交わらず一人で絵を描く少女に出会う。彼女の名はエスター。この聡明で絵が上手な少女を喜びとともに迎え入れたケイトだが、その直後から奇妙な事件が頻発する。ケイトはエスターに違和感を感じて周囲に警告するが、逆に孤立してしまう。そして、事件は家族にも及び始めた…。

「エスター」の解説

無垢な子供が大人の目に触れないところで危険な事件を引き起こす…というのは、古くからあるスリラーのモチーフである。ある意味手垢がついているとも思われるこのテーマに対し、本作は従来の作品とは違った角度で解答を出している。ややもすると設定だけが一人歩きしかねないエスター役を、子役時代から豊富なキャリアを持つイザベル・ファーマンが見事に演じきっている。そして、様々な演技賞を受賞してきたベラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、CCH・パウンダーらが作品にリアリティを与え、観客を作品世界に引きずりこんでいく。中盤から終盤にかけて怒涛の勢いで進むストーリーは圧巻。最初から最後まで目が離せない一作だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年10月10日
キャスト 監督ハウメ・コジェ=セラ
脚本デイビッド・レスリー・ジョンソン
出演ヴェラ・ファーミガ ピーター・サースガード イザベル・ファーマン
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2009)
年齢制限 R-15
上映時間 123分

(C)DARK CASTLE HOLDINGS LLC[Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.35点★★★★☆、17件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-04

本ハウメ・コジェ・セラ監督作品でサファーのブレイク・ライブリー嬢が凶暴な鮫と孤軍奮闘恐怖を描いた映画「ロスト・バケーション」に続いて本編を観た…。此方は或る家族の物語なのだが、実に恐い、この恐怖感は丁度、韓国classic映画「下女」見たいでも有るんだ!子どもの残酷な世界がギリギリ迄描写される様な雰囲気はスタンリー・キューブリック監督の映画「シャイニング」とも通じ合って…。???????


レビューを投稿する

「エスター」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-07-09 16:00:06

広告を非表示にするには