ティンカー・ベルと月の石 作品情報

てぃんかーべるとつきのいし

一番美しい宝物、それは友情

8年に一度の“青い満月”が昇る特別な秋を迎えるピクシー・ホロウ。「秋の祭典」で“月の石”を納める“聖なる杖”を作る大役を与えられたティンカー・ベルは大張り切り。ところが、杖作りを助けようと世話を焼く親友のテレンスと大喧嘩になり、大切な月の石も壊してしまう。妖精の粉の源である月の石がなければ、妖精たちは魔法の力を失うことに。窮地に立たされたティンカーベルは月の石を元に戻すため冒険の旅に出る。

「ティンカー・ベルと月の石」の解説

前作『ティンカー・ベル』で、その誕生の物語が明かされた愛すべき妖精が相変わらずのトラブルメーカーぶりを発揮し、さらなるピンチを招く。失敗を重ねながら成長してゆく姿が共感を呼ぶヒロインは、今回、たったひとりでピクシー・ホロウを離れ、未知なる冒険の旅に出るのだが、なんとも愛らしい道連れを得て、困ったときは誰かの助けを借りることも必要だと学ぶのだ。そして、心の底から「ごめんなさい」と謝り、許し合うことの大切さを身をもって知ることになる。そんな掛け替えのない友情の物語を軸に、前作よりもパワーアップした伝説と魔法のファンタジーが、神秘的な美しさに彩られた秋のネバーランドを舞台に展開する。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年12月23日
キャスト 監督クレイ・ホール
声の出演メイ・ホイットマン ルーシー・リュー アンジェリカ・ヒューストン
配給 ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
制作国 アメリカ(2009)

(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「(^-^)」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2010-02-15

今回は「ティンカー・ベルとテレンス」という本が元になっているっぽいですね。なので、所々本のシーンがでてきていて文庫ファンには嬉しかった反面、これはディズニーフェアリーズの文庫を読んでない人には分からないのでは?とも思いました。前作より、少々子供向けに感じましたが良かったです!


レビューを投稿する

「ティンカー・ベルと月の石」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-01 17:41:18

広告を非表示にするには