パイレーツ・ロック 作品情報

ぱいれーつろっく

『ラブ・アクチュアリー』の監督が贈る、海賊ラジオ局が舞台の英国60'sコメディ。ロックの名曲が勢ぞろい

パイレーツ・ロックのイメージ画像1

1966年、北海に浮かぶ船に高校を退学になったカールがやってくる。更正のため、母親に名付け親のクエンティンに預けられたのだ。この船は海賊ラジオ局で、クエンティンはその経営者。1日45分しかヒットレコードをかける時間がないBBCラジオに対し、24時間いつでもロックを流すこのラジオ局は若者に圧倒的な支持を受けていた。しかしその一方、政府はこの海賊ラジオ局を潰そうと画策しているのだった…。

「パイレーツ・ロック」の解説

英国ロックヒストリーを語る上で、忘れてはならないのが海賊放送局だ。60年代、ビートルズやストーンズといった面々がチャートを独占していたが、彼らのレコードが国営ラジオでかかる時間はごくわずか。「レコードをかけると演奏家達の仕事が減る」との理由で、ビートルズでさえレコードではなく生演奏を余儀なくされた。そんな中、若者たちのニーズに応え最新のロックを流していたのが、英国の法律が適用されない海洋上からの「海賊ラジオ局」だ。キンクス、ストーンズ、ザ・フー、ヤードバーズらの名曲が全編を飾り、音楽好きにはたまらない。また、本作はコメディなのでコアなロックファン以外でも十分に楽しめる内容になっている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年10月24日
キャスト 監督・脚本リチャード・カーティス
出演フィリップ・シーモア・ホフマン ビル・ナイ リス・エヴァンス ニック・フロスト ケネス・ブラナー トム・スターリッジ
配給 東宝東和
制作国 イギリス(2009)
年齢制限 PG-12

(C)2009 Universal Studios. All Rights Reserved. [Amazonで購入]

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「まりっち」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2009-11-24

親父たちとロックがとにかくカッコイイ!音楽への愛が溢れたいい映画です。


レビューを投稿する

「パイレーツ・ロック」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-01-15 11:39:46

広告を非表示にするには