僕の初恋をキミに捧ぐ 作品情報

ぼくのはつこいをきみにささぐ

時の限られた少年、彼を一途に愛する少女。2人の恋の行く先は―― 青木琴美の人気コミックを映画化

僕の初恋をキミに捧ぐのイメージ画像1

8歳の頃出会った逞と繭。2人は互いに恋心を抱き結婚の約束をするが、逞は心臓に重い病気を患っており、二十歳まで生きられない身体だった。そして時は経ち、2人は高校生に。繭は今も一途に逞を愛し続けていた。しかし逞はそんな繭をいずれ訪れる別れで悲しませないために、自分から遠ざけようとする。それでも繭に思いを寄せる同級生の昴や逞と同じ病気で床に伏せる照との出会いの中で、彼の心は揺れ動いていくのだった……。

「僕の初恋をキミに捧ぐ」の解説

青木琴美のベストセラーコミックを映画化。心臓に重い病を患う少年と彼を一途に愛する少女の姿を、彼らを支える周囲の人間の優しさを交えながら感動的に描く純愛ドラマだ。主人公の2人には、『花より男子』の井上真央と『ホノカアボーイ』岡田将生を起用。天真爛漫でまっすぐな井上真央演じる繭と、病気を抱えながらも懸命に繭を愛そうとする岡田将生演じる逞。そのコントラストが物語をキラキラと輝かせ、そして重なる2人の思いが感動へと観る者を巻き込んでいく。彼らの脇を固めるのは仲村トオル、杉本哲太ら実力派俳優陣。監督は『Life 天国で君に逢えたら』の新城毅彦が務めた。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年10月24日
キャスト 監督新城毅彦
原作青木琴美
出演井上真央 岡田将生 仲村トオル 杉本哲太 森口瑤子 細田よしひこ 原田夏希
配給 東宝
制作国 日本(2009)

(C)2009「僕の初恋をキミに捧ぐ」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.39点★★★★☆、66件の投稿があります。

P.N.「廉」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2017-05-11

青木琴美先生の作品は大好きで原作すべて読んでるのですが、僕キミは、その中でもとても重い話がつまっていて考えさせられる話で好きだったのに実写化すると、こんなにレベルが落ちるのか。と思ってしまいました。繭と逞と晃と律みんながそろわなきゃいみがないとても残念


レビューを投稿する

「僕の初恋をキミに捧ぐ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-07-20 11:26:14

広告を非表示にするには