極道三国志3 血染めの九州死闘篇 作品情報

ごくどうさんごくしすりーちぞめのきゅうしゅうしとうへん

全国の極道組織統一を目指す3人の義兄弟「極道三国志」が、熊本を舞台に活躍するやくざ映画のシリーズ第3段

九州制覇の足掛かりとして不良債券を抱え経営難に陥っている会社の乗っ取りを企む大阪の黒田組組長・黒田誠司は、直参の新庄組組長・新庄清志を使って熊本に本社を持つ九州平成銀行頭取・芝浦を脅し、買収資金を手に入れようとしていた。そして、さらに彼らは熊本を仕切る肥後組の最高顧問で、九州一の実力者・藤田公介を手にかけた。肥後組五代目組長・富岡から相談を受けた深大寺一家・塙総長は、早速健を熊本に送り込むが、肥後組の若頭・有馬が一平とかつて兄弟の盃を交わした仲だったことから、健と義兄弟の契りを結んでいる一平も熊本へ乗り込むことになる。

「極道三国志3 血染めの九州死闘篇」の解説

監督は「一生遊んで暮らしたい」の金澤克次。鈴川鉄久による原案を基に、「修羅がゆく8 首都決戦」の板倉真琴が脚本を執筆。撮影を「豚の報い」の佐々木原保志が担当している。主演は、「平成金融道 裁き人」の清水健太郎、「メトレス」の石橋保、「平成金融道 マルヒの女」の中野英雄。他に、ゲストスターとして「なにわ忠臣蔵」の榊原利彦、「御法度」の藤原善明らが出演している。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督金澤克次
出演清水健太郎 石橋保 中野英雄 榊原利彦 藤原嘉明 四方堂亘 白島靖代 水谷ケイ 宇梶剛士 松田優
制作国 日本(1999)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「極道三国志3 血染めの九州死闘篇」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:57:48

広告を非表示にするには