異人たちとの夏 作品情報

いじんたちとのなつ

中年のシナリオ・ライターが、幼い頃死んだはずの両親と再会する不思議な体験を描く

原田英雄は40歳のシナリオ・ライター。妻子と別れ、今はマンションに一人暮らしをしていた。ある日、原田は幼い頃に住んでいた浅草に出かけ、偶然、死んだはずの両親に会ってしまう。二人は原田が12歳の時に交通事故で死亡したが、なぜかその時の年齢のまま、浅草に住んでいた。原田は懐かしさのあまり、浅草の両親の家へたびたび通うようになる。一方で、原田は同じマンションに住む桂という女性と、愛し合うようになっていた。彼女は、もう両親には会うなという。異人(幽霊)と近づくと、それだけ自分の体は衰弱し、死に近づく…。

「異人たちとの夏」の解説

山田太一原作の同名小説の映画化で、市川森一が脚色。監督は「日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群」の大林宣彦、撮影は「PARIS-DAKAR 15,000 栄光への挑戦」の阪本善尚がそれぞれ担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督大林宣彦
出演風間杜夫 秋吉久美子 片岡鶴太郎 永島敏行 名取裕子 入江若葉 林泰文 奥村公延 角替和枝 原一平
制作国 日本(1988)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「異人たちとの夏」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-04 00:01:36

広告を非表示にするには