ザ・バンク-堕ちた巨像- 作品情報

ざばんくおちたきょぞう

国際的なメガバンクが仕組む陰謀とは? インターポール捜査官が謎を追う、サスペンス・アクション

ザ・バンク-堕ちた巨像-のイメージ画像1

インターポール捜査官のサリンジャーは、ニューヨーク検事局のエレノアと共に、国際メガバンクのIBBC銀行の捜査を続けていた。内部告発をしようとした銀行幹部との接触のためにベルリンを訪れたサリンジャーだが、検事局員を目の前で殺され、また告発者も事故死に見せかけて殺されてしまう。証言を得るためミラノを訪れたサリンジャーとエレノアは、軍事メーカーの社長から銀行が武器取引に関与していることを聞きだすが…。

「ザ・バンク-堕ちた巨像-」の解説

原題が「The International」というように、今、世界を動かしているのは国家や宗教ではなく、多国籍企業かもしれない。そんな不安を映画化した本作だが、シリアスな社会派ドラマというより、サスペンス・アクションに近い。実際にこんな派手な暗殺をしていては、目立って仕方がないのだが、そこはエンタテインメント。ニューヨークのグッゲンハイム美術館を舞台にした派手な銃撃戦は、この映画の最大の見所で、一見の価値がある。舞台はベルリン、ミラノ、リヨン、ニューヨークと世界各地に飛び、スケール感は十分。監督は『ラン・ローラ・ラン』や『パフュームある人殺しの物語』など、国際的に活躍しているトム・ティクヴァ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年4月4日
キャスト 監督トム・ティクヴァ
出演クライヴ・オーウェン ナオミ・ワッツ アーミン・ミューラー=スタール ブライアン・F・オバーン
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2008)
年齢制限 PG-12
上映時間 117分

(C)2009 Columbia Pictures Industries, Inc. and Beverly Blvd LLC. All Rights Reserved. [Amazonで購入]

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-01-17

スチーブン・ソダバーグ監督を彷彿させる様なタッチで本編は国際的な商業信用銀行と軍事産業との癒着等、其の巨悪をサスペンスフルに炙り出して行くんだ…。ナオミ・ワッツとコンビを組んだ不死身のヒーローの飽くなき正義漢振りが、又、中々に恰好佳いんだね!


レビューを投稿する

「ザ・バンク-堕ちた巨像-」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-01-19 16:00:03

広告を非表示にするには