バビロン A.D. 作品情報

ばびろんえーでぃー

旅の果てにあるのは、死か、それとも…… カソヴィッツ×ディーゼルでおくる新感覚SFアクション

バビロン A.D.のイメージ画像1

放射能汚染地帯が点在する近未来。新セルビアに住む傭兵のトーロップはマフィアのゴルスキーから、オーロラという少女をアメリカへと運ぶ仕事を請けた。早速彼はオーロラ、彼女の保護者シスター・レベッカと共に移動を開始。ロシア国境の街へたどりつき市場で必要な物資を購入していると、突然オーロラが「そっちへ行っては駄目!」とパニックを起こす。すると次の瞬間、彼女の示した場所が大爆発を起こすのだった……。

「バビロン A.D.」の解説

荒廃した近未来を舞台にしたSFアクション。長い旅の中で生まれる傭兵の男と謎めいた少女の絆や、少女を巡る激しい戦いを描いていく。監督は『カフェ・オ・レ』『ゴシカ』などで知られるマチュー・カソヴィッツ。モーリス・G・ダンテックの原作を脚色してエンターテイメント性とドラマ性を両立させた物語を作り上げると共に、CGに頼らずに独特の手触りと雰囲気を持つ世界観を表現。細部にこだわりの見える作品に仕上がっている。主演のヴィン・ディーゼルは得意のアクションをたっぷりと披露。中でもスノーモービルでの戦闘シーンは大迫力だ。またK-1ファイターのジェロム・レ・バンナも登場し、ディーゼルとのファイトを見せてくれる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年5月9日
キャスト 監督・脚本マチュー・カソヴィッツ
出演ヴィン・ディーゼル ミシェル・ヨー メラニー・ティエリー ジェラール・ドパルデュー シャーロット・ランプリング マーク・ストロング ジェロム・レ・バンナ
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2008)
上映時間 90分

(C)2008 TWENTIETH CENTURY FOX [Amazonで購入]

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-01-12

シャーロット・ランプリング等名優のキャスティングで脇を固めてコラージュされた映像感覚が其なりに楽しめる…。クリス・マルケルの映画〈ジュテーム〉を彷彿させるシーンも在るから是非ともディレクターズ・カット版が実現したら観て見たいSF作品なのだ!


レビューを投稿する

「バビロン A.D.」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-01-17 16:00:04

広告を非表示にするには