ベッドタイム・ストーリー 作品情報

べっどたいむすとーりー

子どもたちの発想に驚かされる、奇想天外なファンタジー

スキーターはパッとしない中年の独身男。姉から幼い甥と姪の面倒を見るように頼まれた。子どもたちにせがまれて、中世を舞台にしたファンタジーや、古代ローマの馬車レース、宇宙で繰り広げられるSFなど、彼自身が主人公のハチャメチャな作り話を作って話してあげると、子どもたちはスキーターの作り話の続きを好きなように勝手に創り上げてしまった。翌日、子どもたちが語った一場面が、何とスキーターの目の前で現実となって…。

「ベッドタイム・ストーリー」の解説

ベッドタイム・ストーリー―それは、子どもを安らかに眠らせるために語り聞かせるお話のこと。それが、なんと現実の世界で実際に起きてしまうというファンタジー・アドベンチャー。『ヘアスプレー』のアダム・シャンクマン監督がメガホンをとり、『再会の街で』でシリアスな演技を披露したアダム・サンドラーが一転、本来の“隣のお兄さん”的な朗らかな主人公を演じている。そのほかにも『M:i:III』のケリー・ラッセルやガイ・ピアース、リチャード・グリフィス、ジョナサン・プライスら実力派俳優が賑やかに名を連ねている。子どもたちの発想に驚かされながら、彼らのベッドタイム・ストーリーは無事ハッピーエンドを迎えられるのか!?

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年3月20日
キャスト 監督・製作総指揮アダム・シャンクマン
製作・出演アダム・サンドラー
出演ケリー・ラッセル ガイ・ピアース ラッセル・ブランド リチャード・グリフィス
配給 ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
制作国 アメリカ(2008)

(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「Dr.マシリト」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-04-04

久しぶりに腹を抱えて笑った!!主人公がすごくチャーミング!ずっと思い出に残るような映画ではないけど、大人も子供も楽しめると思う、あったかい作品。これが観たい!っていうのが特にない人にはかなりオススメ。


レビューを投稿する

「ベッドタイム・ストーリー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-14 14:43:22

広告を非表示にするには