アンダーカヴァー 作品情報

あんだーかう゛ぁー

“警察”という家業に背を向けていた男が、家族の命を奪われて復讐に燃えるアクション・ムービー

1988年のニューヨーク。名の知れたナイトクラブのマネージャーとして働くボビーは、名字も変え自分が警官一家の出である事を隠してきた。オーナーとの関係も良好なボビーだったが、そのオーナーの甥に麻薬取締班が目をつける。それを指揮するのはボビーの実兄のジョゼフと父のバート。彼らはボビーに協力を求めるが、ボビーは申し出を断る。しかしジョゼフが撃たれ、父にも危険が迫り、ボビーはどちらの側につくか決断を迫られる。

「アンダーカヴァー」の解説

時代は80年代。厳格な父親、優等生の兄がいる警察一家を出て、裏社会で暮らしていた男が、自分の意思とは裏腹に警察とマフィアの争いに巻き込まれていく。悩める主人公を演じるホアキン・フェニックスがいい。精神的な弱さを抱えながらも、敵に立ち向かうボビーの姿は彼にぴったりの役柄だ。ボビーの兄を演じるマーク・ウォールバーグとは、本作の監督であるジェームズ・グレイの『裏切り者』ですでに共演ずみで、ここでも息の合ったところを見せてくれる。暴風雨の中、ボビーとバートがマフィアに待ち伏せされるカーチェイスのシーンは必見で、ボビーの主観ショットで構成されるこのシーンは、まるで自分がその車に乗っているかのような迫力だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年12月27日
キャスト 監督・脚本ジェームズ・グレイ
出演ホアキン・フェニックス マーク・ウォールバーグ エヴァ・メンデス ロバート・デュヴァル
配給 ムービーアイ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2008)
年齢制限 PG-12

(c)2007 2929 Productions LLC. All rights reserved

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「アンダーカヴァー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:56:02

広告を非表示にするには