ティンカー・ベル 作品情報

てぃんかーべる

愛すべき小さな妖精の奇跡のファンタジー

ネバーランドにある妖精の谷ピクシー・ホロウに女の子の妖精が誕生し、ティンカー(もの作り)の妖精“ティンカー・ベル”と名付けられる。もの作りこそが彼女の才能なのだ。折から谷は人間の住むメインランドへ春を届ける準備に大忙し。ところが、道具作りや修理が仕事のもの作りの妖精は水や植物を司る妖精たちと一緒にメインランドへ行くことができないと知り、別の才能を開花させようと春を呼ぶ仕事に挑戦する。

「ティンカー・ベル」の解説

世界で一番愛されている妖精の誕生秘話がようやく明かされる。J・M・バリの戯曲をディズニーがアニメーション化した『ピーター・パン』に登場する小さな妖精は、これまでミステリアスな存在だった。なにしろ過去2本の映画の中で彼女は一言もセリフのないままファンを魅了してきたのだ。それが今回、初めて言葉をしゃべり、誕生の瞬間から、仕事に精を出す様子や、生まれ持った才能を受け入れられず苦悩する姿まで披露される。そして、直観的に行動してはトラブルを連発し、なかなかの問題児であることも。とはいえ、手先の器用さとユニークな発想こそがティンカー・ベル最大の武器。彼女の奮闘が夢のような奇跡を起こすのだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年12月23日
キャスト 監督ブラッドリー・レイモンド
声の出演メイ・ウィットマン クリスティン・チェノウェス レイヴン・シモーネ ルーシー・リュー アメリカ・フェレーラ ジェーン・ホロックス ジェシー・マッカートニー
配給 ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
制作国 アメリカ(2008)
上映時間 79分

(c)DisneyEnterprises,Inc.Allrights reserved

ユーザーレビュー

総合評価:4.46点★★★★☆、13件の投稿があります。

P.N.「さとぅく」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2011-04-24

ほんまに大好き!第二弾まで全て見ました!ヘァリーズ文庫も全て読みました見れば見るほど、ピクシーホローを探りたくなります><いろいろ考えながら見ていると、ピーター・パンとティンクがどういうふうに出会ったのか気になってしょうがないです><ピーター・パンとティンクが出会う話を見てみたいです!


レビューを投稿する

「ティンカー・ベル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-01 17:41:18

広告を非表示にするには