トイ・ストーリー3 作品情報

といすとーりーすりー

子どもだったアンディも、もはや大学生に。その時、おもちゃのウッディやバズはどうなっちゃうの!?

トイ・ストーリー3のイメージ画像1

おもちゃのウッディやバズと楽しく遊んでくれたアンディも、いまや17歳。大学に進学するため、家を出ることになった。だが屋根裏部屋にしまわれるはずだったおもちゃたちが、ちょっとした手違いからゴミ捨て場に出されてしまう。どうにかゴミ袋の中から逃げ出したものの、アンディに捨てられたと誤解したおもちゃたちは大ショック!! 仕方なく、託児施設に寄付される道を選ぶ。だが「また子どもたちに遊んでもらえる!」と喜んだのも束の間、そこにはモンスターのような子どもたちにもみくちゃにされる、地獄の日々が待っていた…!

「トイ・ストーリー3」の解説

前作から11年ぶりに公開される、ディズニー/ピクサーの大人気シリーズ第3弾。『ファインディング・ニモ』(03)や『カールじいさんの空飛ぶ家』(09)など、子どもから大人までを魅了する良作を作ってきた同スタジオにとっても、95年に世界初の長編CGアニメーション作品として公開された『トイ・ストーリー』は、まさに原点となる特別な作品。その続編だけに、総力をかけた最高傑作といっても過言ではない仕上がりだ。いま話題の3D上映を採用し、映像の迫力も数段レベルアップしているが、メインキャラクターの表現などは1作目との“違和感”が起こらないように、あえて当時の技術レベルに合わせたという。しかしディズニー/ピクサー作品の最大の魅力は、温かく巧みなストーリー・テリングにある。今回も“成長してしまった子どもと、おもちゃの別離”というせつない物語を、奇跡のような優しいラストに導いている。家族サービスのつもりだったお父さんも、120%泣かされる感動作!

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年7月10日
キャスト 監督リー・アンクリッチ
製作総指揮ジョン・ラセター
脚本マイケル・アーント
声の出演トム・ハンクス ティム・アレン ジョーン・キューザック ネット・ビーティ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
制作国 アメリカ(2010)

(C)2008 WALT DISNEY PICTURES/PIXAR ANIMATION STUDIOS.ALL RIGHTS RESERVED.

ユーザーレビュー

総合評価:4.97点★★★★☆、61件の投稿があります。

P.N.「真浦塚真也」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2016-08-07

ピクサーはまたとんでもない作品を作りましたね。面白すぎる。続編としても良い展開だったし、単体としてもかなり完成度が高いです。ただ、一つ難点としてあげるならば、3Dで上映する必要があったかどうかという点でしょうか。


レビューを投稿する

「トイ・ストーリー3」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-06-14 13:43:41

広告を非表示にするには