ハリー・ポッターと謎のプリンス 作品情報

はりーぽったーとなぞのぷりんす

世界的人気の“魔法学校”シリーズ第6弾! 闇の帝王との最終決戦を前に、物語はいよいよ佳境へ突入!!

ハリー・ポッターと謎のプリンスのイメージ画像1

ついに人間界にまで広がり始めた、闇の帝王ヴォルデモートの脅威。ダンブルドア校長は、かつてホグワーツで魔法薬学を教えていたホラス・スラグホーンを復職させる。「ホラスだけが知っているヴォルデモートの弱点を聞き出せ」とダンブルドアに命じられたハリー・ポッターは、ホラスに気に入られようと計画的に近づく。一方、ホグワーツの校内では思春期ならではの恋わずらいが多発。ハリー、ロン、ハーマイオニーらも恋の甘美さと苦しみを経験する。

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の解説

前作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』に続いて、デイビッド・イェーツがメガホンを取った大人気シリーズ第6弾。悪の帝王ヴォルデモートとの最終決戦を控えたハリー・ポッターは、ダンブルドアの導きの元、最後の“準備”を開始。物語はいよいよ佳境へ突入していく。そんな緊迫した本筋の一方で、コメディ要素たっぷりのロンの初恋など、おなじみの面々のロマンティックな恋愛事情も見逃せない。また本作のキーパーソンとなるホラス・スラグホーン先生に扮するのは、『アイリス』で米アカデミー賞 助演男優賞に輝いたイギリスの名優ジム・ブロードベント。虚栄心と精神的な弱さというホラスの二面性を見事に表現した、彼の巧みな演技も見どころだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年7月15日
キャスト 監督デイビッド・イェーツ
出演ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ジム・ブロードベンド ヘレン・マックロリー ヘレナ・ボナム=カーター
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 イギリス=アメリカ(2008)

(C)2009 Warner Bros.Ent.Harry Potter Publishing Rights (C)J.K.

ユーザーレビュー

総合評価:3.79点★★★☆、39件の投稿があります。

P.N.「YUI」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-12-06

私は、ハリーポッターと謎のプリンスを見ました。びっくりした所は、ハリーが、水をすくった時に、ハリーの腕をつかんだ所が、びっくりしました。


レビューを投稿する

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-14 14:43:20

広告を非表示にするには