インクレディブル・ハルク 作品情報

いんくれでぃぶるはるく

力を使う。愛する人を守るため―― 人気アメコミを超豪華キャストで再び実写映画化!

研究実験の事故で心拍数が上がると緑色のモンスター“ハルク”に変身してしまう、科学者のブルース。彼はその体質の軍事利用を狙うロス将軍から逃れながら、ミスター・ブルーなる謎の科学者と連絡を取り、元の身体に戻る方法を模索していた。潜伏していたブラジルからアメリカに戻ったブルースは、最愛の女性ベティと再会。しかしロス将軍とその部下のブロンスキーが再び彼の捕獲作戦を実行し……。

「インクレディブル・ハルク」の解説

マーベル・コミックの代表作であり、アメコミ界の人気キャラクター「ハルク」。かつてアン・リー監督によって実写映画化がされたが、今回はルイ・レテリエ監督の手によってそれがなされた。超人的な力を手にしてしまった男の苦悩と、彼を支える女性との絆を描いていくアクション作品だ。主人公のブルースを演じるのは名優エドワード・ノートン。憂いの雰囲気を漂わせつつも力強い演技をみせ、悩める科学者を見事に表現した。その周囲を固めるリヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハートら豪華演技派俳優陣の演技にも注目だ。変身後のハルクは全てCGで描かれ、激しいアクションを披露。ラストには迫力バトルを見せてくれる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年8月1日
キャスト 監督ルイ・レテリエ
出演エドワード・ノートン リヴ・タイラー ティム・ロス ティム・ブレイク・ネルソン タイ・バーレル ウィリアム・ハート ロバート・ダウニーJr.
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2008)
上映時間 112分

ユーザーレビュー

総合評価:4.2点★★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「タカ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2012-08-26

吹替の水嶋ヒロはないです。ですが話はなかなか面白かったです。一番最後にスタークが出てきたとこでテンション上がりました!


レビューを投稿する

「インクレディブル・ハルク」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-14 14:43:31

広告を非表示にするには