崖の上のポニョ 作品情報

がけのうえのぽにょ

宮崎駿監督自ら原作を務めた、心の中心に語りかける、清々しいファンタジー

崖の上のポニョのイメージ画像1

海を臨む崖の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、瓶に入り込んで動けなくなっていたさかなの子・ポニョを助けた。一緒に過ごすうちにお互いのことを好きになる2人だが、ポニョの父親・フジモトによってポニョは海へ連れ戻されてしまう。それでも宗介を想い、人間になりたいと願うポニョは、妹たちの力を借りてフジモトの蓄えた魔法の力を盗み出し、再び宗介の元を目指すが……。

「崖の上のポニョ」の解説

宮崎駿監督が自ら原作を手がけて描くのは、海辺の町と海そのものを舞台にした、少年と少女の物語。2人が出会い、冒険し、絆を育んでいく姿を、生き生きと映し出す。作画は全編においてCGを廃し、手書きでの表現にこだわった。中でも荒れた海のシークエンスでは、手書き故のダイナミックさが十分に発揮されている。海に沈んだ街の上を宗介とポニョの乗った船が走っていくシーンも印象的だ。ポニョと宗介を演じた子役の2人の周囲を固めるのは、山口智子、長嶋一茂。天海祐希、所ジョージら個性派の俳優陣。宗介とポニョの冒険の先に、心の奥底に眠る感情が蘇る、清々しい作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年7月19日
キャスト 原作・脚本・監督宮崎駿
製作鈴木敏夫
声の出演山口智子 長嶋一茂 天海祐希 奈良柚莉愛 土井洋輝 柊瑠美 矢野顕子 吉行和子 奈良岡朋子
配給 東宝
制作国 日本(2008)
上映時間 101分

(C)2008 二馬力・GNDHDDT 監督:宮崎駿(声の出演)、山口智子、所ジョージ

ユーザーレビュー

総合評価:3.88点★★★☆、177件の投稿があります。

P.N.「神話大好き少女」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-29

この映画とはやっぱり親子愛、恋愛の大切さを表しているんじゃないでしょうか。フジモトが娘ポニョが嫌がっているのに海底へ連れていくのには怒りを感じましたが、それは娘を思う気持ちがあるからこそ。人間嫌いと見た目を除き彼は立派な父親だと思います(笑)。やっぱりいつ見ても面白いです、これは?


レビューを投稿する

「崖の上のポニョ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-14 14:43:20

広告を非表示にするには