パンダコパンダ 作品情報

ぱんだこぱんだ

高畑勲×宮崎駿コンビが贈る、日本一つよい女の子の、とびきりゆかいな物語。

パンダコパンダのイメージ画像1

「パンダコパンダ」…竹林の中にあるお家で一人で暮らしているミミ子。法事のため遠くへ出かけてしまったおばあちゃんの留守をしっかり守っている。そんなミミ子のもとに、小さなパンダの子パンちゃんとそのお父さんパパンダがやってくる。一人でも平気なミミ子だけど、優しいお父さんとかわいい子どもがいたらもっとステキ!3人は一緒に暮らし始めるが、ある日、動物園の園長さんがパパンダ親子を探しにやってきて…。「パンダコパンダ 雨ふりサーカス」…ミミ子は、パパンダとパンちゃんと平和に暮らしている。泥棒がやってきたり、トラの子が迷い込んできたりするけれど、みんなステキなお客さま。町にサーカスがやってきたある日、夜から雨が降り出し、やがて洪水となって、町は水の中に沈んでしまう。ミミ子たちは、大喜びで屋根に登ってピクニックや釣りを楽しんでいるが、サーカスの動物たちが水の中に取り残されていることが分かり、ミミ子たちはベッドの船を浮かべて救出に向かう。

「パンダコパンダ」の解説

1972年に日中国交正常化を記念して中国から2頭のパンダが贈られ、その愛らしい姿に空前のパンダブームが巻き起こった。その頃、高畑勲・宮崎駿らは、スウェーデンのリンドグレーン原作「長くつ下のピッピ」のアニメーション化を企画するも、企画は頓挫。そこで作られたオリジナル作品が本作であり、そのため「ピッピ」の影響を色濃く感じられる作品となっている。パンダと一緒に暮らすワクワク感はもちろん、作品全体に散りばめられた極上のユーモアや、思わず吹き出してしまうようなラストシーン。時を経ても無敵の面白さを誇る、高畑勲、宮崎駿コンビの名作、そして彼らが今なお愛してやまない本作は、ファンならずとも存分に楽しめるに違いない。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年3月15日
キャスト 原案・脚本・画面設定宮崎駿
演出高畑勲
声の出演杉山佳寿子 熊倉一雄 太田淑子 山田康雄
配給 三鷹の森ジブリ美術館
制作国 日本(1972-1973)
上映時間 71分

(C)TMS

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「パンフレット収集家」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-03-19

うそー!なんで今頃復刻版なんだ!てびっくりしています。だって、幼稚園の時に「長靴はいた猫」と東映漫画祭りで見てから、早半世紀近く経って復刻とは!確かに、人生初の映画で、今でもはっきりとストーリーも覚えてるし、水森亜土ちゃんのパンダコパンダコバンタて歌が歌えるぐらい大好きな作品です。あれ以来、宮崎駿にはまってぬけだせません。今の子供にも是非見てほしい、ほのぼのした作品です。


レビューを投稿する

「パンダコパンダ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-05-21 00:01:02

広告を非表示にするには