映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝 作品情報

どらえもんのびたとみどりのきょじんでん

「緑の星」の魔の手から、地球の緑と未来を守れ! ドラえもん映画リニューアル後第3弾

裏山に捨てられていた小さな苗木を拾ってきたのび太。ママに庭に植えることを反対されたのでドラえもんに相談し、苗木が自分で動けるように「植物自動化液」をかけた。すると翌朝、苗木は小さな男の子のような姿に。のび太は「キー坊」という名前を付けてかわいがりはじめる。キー坊もいろんなことに興味を持つようになり、家族や友達にもなじんでいった。しかしある日のび太たちが裏山に行くと、巨大な渦が現れ……。

「映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝」の解説

2006年にリニューアルされて以降、3作目となるドラえもん映画。ひみつ道具によって自由に動けるようになった苗木・キー坊と共に、のび太一行は植物が支配する「緑の星」へ。そこで発覚する恐ろしい企みから地球を守るべく、のび太たちが奮闘する姿を描く。今回のキーキャラクターであるキー坊はかわいさ満点! 老若男女問わず、その動きと声に魅了されるはずだ。物語のテーマは「環境問題」。しかしただ単純に「緑を大事に」と叫ぶわけではなく、自然を大切にできる「思いやりの心」を育むことがメッセージの中心となっている。子どもはもちろん楽しめるが、それ以上に大人が考えさせられる作品と言えるかもしれない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年3月8日
キャスト 監督渡辺歩
原作藤子・F・不二雄
声の出演水田わさび 大原めぐみ かかずゆみ 木村昴 関智一 千秋 掘北真希 有田哲平 三宅裕司
配給 東宝
制作国 日本(2008)

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2008

ユーザーレビュー

総合評価:3.4点★★★☆、27件の投稿があります。

P.N.「母退院」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2009-02-13

観終わった後に、何の感動も残さない映画。やはり、今の若手声優陣の拍子抜けた演技では、ドラえもんの真の感動は伝わらない。主題歌とゲスト声優の演技は良かった。


レビューを投稿する

「映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-05-08 13:54:44

広告を非表示にするには