ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE 作品情報

ぴゅーとふくじゃがーざむーびー

週刊少年ジャンプ巻末の大人気ギャグマンガが“最強のがっかりムービー”として奇跡の実写映画化!

ギタリストを目指す酒留清彦は、オーディションの結果、ある芸能人養成所に籍を置くことになる。しかし、連れてこられたのはギター科ではなく“ふえ科”。教室で待っていたのは、オーディションでたてぶえを持ち暴れていたジャガージュン市だった。しかし、そのふえ科も資金難で存続できないことになってしまう。そんな時、世界中で注目されている珍笛が日本に上陸。ふえ科のメンバーはその高価な珍笛を奪ってお金を稼ごうとするが…。

「ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE」の解説

週刊少年ジャンプで連載中の巻末ギャグマンガ「ピューと吹く!ジャガー」を実写映画化!映像化不可能といわれた原作を“深夜番組のカリスマ”と呼ばれ、数多くのバラエティを手がけてきたマッコイ斉藤が監督。主人公ジャガージュン市には、制作者サイドの「彼以外ではジャガー役は不可能」と熱いラブコールによって実現した要潤。フツーの青年・酒留清彦を演じるのは大村学。謎のヒップホップ忍者・浜渡浩満役におぎやはぎの小木博明。アイドル志望のブチ切れ少女・白川高菜役は高橋真唯。また、なぎら健壱、酒井敏也、板尾創路、カルーセル麻紀の4人が個性的なキャラクターでサイドを固める。これは、奇跡のコラボレーションによって生まれた“最強のがっかりムービー”である。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年1月12日
キャスト 監督マッコイ斉藤
原作うすた京介
出演要潤 大村学 高橋真唯 小木博明 なぎら健壱 酒井敏也 板尾創路 カルーセル麻紀
配給 ハピネット
制作国 日本(2007)
上映時間 99分

(c)2008「ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3.8点★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「しむ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2008-01-20

どう感じるかは人それぞれだと思いますがあんまり面白くないです。原作とは別物だと思って見ても飽きるし、疲れる。 見るならDVD借りてみればいいぐらいで、わざわざ映画館に行くのは勿体無い気が…。


レビューを投稿する

「ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-01 17:41:21

広告を非表示にするには