アンフェア the movie 作品情報

あんふぇあざむーびー

本当にアンフェアなのは誰か? 大ヒットドラマ・シリーズが映画で完結!

アンフェア the movieのイメージ画像1

バツイチ、子持ち、大酒飲み。しかし、検挙率No.1の敏腕刑事の雪平は、警察の不正が書かれているという極秘文書を追っていた。元同僚の三上からは、危険だから手を引けと忠告されるが、信念は揺らがなかった。ある朝、雪平は娘の美央を学校に送るのをベビーシッターに任せ、三上と電話をしていた。どことなく寂しそうな娘だが、話に夢中の雪平は気付かない。「娘を車で送るのはよせ」、三上が言った瞬間、外で大きな物音がした。

「アンフェア the movie」の解説

CX系の大ヒットドラマシリーズが映画になって登場。主人公、雪平の奔放な生き方が多くの女性に共感を得たが、映画では最大の弱みである娘を奪われ、刑事ではなく母としての闘いが前面に出されている。一捻りもふた捻りもあるストーリー展開は一品。謎が解決したように見せかけて、なかなか見えてこない真犯人。二転三転するストーリーに眼が離せない誰が“犯人”かではなく、誰が“アンフェア”なのかがポイントであることに唸らされる。映画ならではの見応えある作品。出演は、篠原涼子、加藤雅也、寺島進、江口洋介ら、お馴染みのメンバーに、椎名桔平、成宮寛貴らが加わった。監督は、ドラマから続いて小林義則。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年3月17日
キャスト 監督小林義則
脚本佐藤嗣麻子
原作秦建日子
出演篠原涼子 椎名桔平 江口洋介 成宮寛貴 阿部サダヲ 濱田マリ 加藤ローサ 加藤雅也 大杉漣 寺島進
配給 東宝
制作国 日本(2006)
上映時間 112分

(C)2007 関西テレビ放送 フジテレビジョン 東宝 [Amazonで購入]

ユーザーレビュー

総合評価:4.55点★★★★☆、11件の投稿があります。

P.N.「み」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2007-05-12

終わり方がよくわからなかった


レビューを投稿する

「アンフェア the movie」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-06 12:01:57

広告を非表示にするには