名探偵コナン 14番目の標的 作品情報

めいたんていこなんじゅうよんばんめのひょうてき

コミック・アニメでも大人気の推理劇、「名探偵コナン」の劇場版第2弾。

目暮警部が公園でジョギング中にボウガンで撃たれるという事件が発生、翌朝には蘭の母親・妃が毒入りチョコレートの被害にあう。さらに、コナンの目の前で阿笠博士が襲われる。そして、三つの事件の現場には、それぞれトランプに関連のあるものが残されていた。狙われたのがいずれも毛利小五郎に関係のある人物ばかりであるということ、さらにトランプというキーワードから、目暮警部は小五郎が10年前に逮捕し、今は仮出所中のカード賭博のディーラー・村上丈の恨みによる犯行だと推測した。案の定、小五郎の友人でプロゴルファーの辻が殺されかける…。

「名探偵コナン 14番目の標的」の解説

コミック・アニメでも大人気の推理劇、「名探偵コナン」の劇場版第2弾。監督は『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』のこだま兼嗣、脚本は古内一成。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督こだま兼嗣
声の出演高山みなみ 山崎和佳奈 山口勝平
制作国 日本(1998)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「名探偵コナン 14番目の標的」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-09-10 17:12:40

広告を非表示にするには