ザ・ターゲット 作品情報

ざたーげっと

大統領暗殺計画を知った補佐官が、女性記者と共に陰謀に立ち向かう姿を描いたポリティカル・サスペンス。

若き大統領補佐官ボビー・ビショップは、学生時代の恩師ポチェンコ教授から重大な事実を伝えたいと告げられ、指定された場所に急ぐ。だが、彼の目の前で教授は狙撃され、彼自身も姿なき敵に命を狙われる。彼は教授の最後の言葉を手掛かりに、政府内部、しかも上層部でアメリカを震撼させる巨大な陰謀が進行していることを知る。自分の行動が筒抜けになっていることを知ったビショップは、政府内部に裏切り者がいると考え、誰もが信用できないと単独で行動するが…。

「ザ・ターゲット」の解説

監督は『トゥームストーン』のジョージ・P・コスマトス。クリントン大統領補佐官ジョージ・ステファノポロスの活躍にヒントを得た脚本は、アディ・ハサックとリック・ギブス、ジョン・ポーグの共同。製作総指揮は『ニクソン』のアンドリュー・G・ヴァーニャと『トゥームストーン』のバズ・フェイシャンズ。撮影はその息子で『ドラゴン ブルース・リー物語』のバズ・フェイシャンズ4世。主演は『アライバル 侵略者』のチャーリー・シーンと『ダンテズ・ピーク』のリンダ・ハミルトン。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ジョージ・P・コスマトス
出演チャーリー・シーン リンダ・ハミルトン ドナルド・サザーランド
制作国 アメリカ(1996)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ザ・ターゲット」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:48

広告を非表示にするには