トランスポーター2 作品情報

とらんすぽーたーつー

観る者を決して飽きさせないスリルとアクション、第2章。

トランスポーター2のイメージ画像1

契約厳守。名前は聞かない。依頼品は開けない――運び屋フランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)はこの3つのルールの下、高額な報酬と引き換えにワケありの依頼品であろうが正確に目的地まで運ぶプロ中のプロ。引退を決意した彼は例外的な依頼を引き受けた。それは金持ち一家の7歳になる息子・ジャックの送迎だ。いつも寡黙なフランクだったが、次第にふたりの間に愛情が生まれる。しかし、予想外の罠が仕掛けられていた…。

「トランスポーター2」の解説

前作に引き続き、ジェイソン・ステイサムのアクションが冴え渡るシリーズ第2弾。コーリー・ユン(『キス・オブ・ザ・ドラゴン』など)の振付けによるジェイソンの体技アクションが休みなく登場し、観る者を飽きさせない。今回はフランクのキャラクター(寡黙で、何よりも“ルール”を守る男)の確立に加え、少年との心の交流など新味もあり、シリーズとして長続きしながら人気定着の予感。新鮮な驚きといえば、久しぶりに復活(?)のマシュー・モディーンの姿が観られることかな。もちろん大迫力のカーチェイス・シーンは満載。さすが“リュック・ベッソン印”の映画だけあって、疾走(爆走?)する車を撮らせたらそのカッコよさは他の追随を許さない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年6月3日
キャスト 監督ルイ・レテリエ
製作・脚本リュック・ベッソン
出演ジェイソン・ステイサム アレッサンドロ・ガスマン アンバー・ヴァレッタ マシュー・モディーン
配給 アスミック・エース エンタテインメント
制作国 フランス=アメリカ(2005)
上映時間 88分

[DVD情報/Amazonで購入]

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「ローズマリー」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2006-06-08

何も考えないで楽しんで。肉体派スティサムの一人舞台かな?ありえないーというところは映画ということで。フランス人の刑事さんがいい味だしてた


レビューを投稿する

「トランスポーター2」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-07-20 11:26:18

広告を非表示にするには