青い棘 作品情報

あおいとげ

愛を失った瞬間、命を絶とう。愛した者を道連れに。青年たちの誓いと破滅を描いた、耽美な青春劇

労働者階級出身で内向的なパウルと、上流家庭に育ち恐いもの知らずのギュンターは、ベルリンにある寄宿学校の同級生。卒業試験前のある週末を、二人はギュンターの郊外の別荘で過ごす。パウルのお目当ては親友の美しい妹・ヒルデ。しかしヒルデはそんなパウルの気持ちを知っていながら、恋人のハンスに会うためベルリンに戻って行ってしまう。しかもハンスは、ギュンターがいまだに未練を残している元恋人でもあった。自由奔放な少女に、三人の男たちは振り回され…。

「青い棘」の解説

第一次世界大戦が集結し、ナチス台頭前夜の1927年ドイツ。育った環境も性格も違う寄宿学校の青年二人は、ある“取り決め”によって結束していた。それは「歓喜に満ちた偉大な瞬間」と「大いなる愛」を求め、そしてそれを失った時は、愛する者を道連れに自らの命を絶つこと…。「真の幸せは一生に一度、後にはその瞬間を一生忘れられない厳しい罰が待っているだけ」という二人の人生観はどこまでも純粋で、残酷で、だからこそ美しい。若者ばかりが集まった週末の別荘で、彼らの運命は急落していくのだが、驚くのはこれが実際に起こった事件だということ。『グッバイ、レーニン!』など出演作の日本公開が相次ぐダニエル・ブリュールをはじめ、勢ぞろいした美形キャストは必見。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年10月29日
キャスト 監督・脚本アヒム・フォン・ボリエス
出演ダニエル・ブリュール アウグスト・ディール アンナ・マリア・ミューエ トゥーレ・リントハート
配給 アルバトロス・フィルム
制作国 ドイツ(2004)
上映時間 90分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「青い棘」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:48:39

広告を非表示にするには