ハリー・ポッターと炎のゴブレット 作品情報

はりーぽったーとほのおのごぶれっと

遂に「あの人」がスクリーンに登場!ハリーに死の危険が迫る、スリリングな第4作

ハリー・ポッターと炎のゴブレットのイメージ画像1

クィディッチ・ワールドカップ決勝戦の最中、空に不吉な「闇の印」が現れた。不穏な空気の中で迎えた新学期、ホグワーツで、100年ぶりに「三大魔法学校対抗試合」が開催されることになる。命の危険を伴う試合のため応募資格は17歳以上と決められていたが、なぜか、4人目の代表選手に14歳のハリーが選ばれてしまう。学校中から「抜け駆け」と冷たい視線を浴びながら、ハリーは他の選手と共に、3つの課題へと取り組むが…。

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の解説

前作は、「これまでにないダークな世界」と評されたが、この第4作で、夢のような魔法に満ちたハリー・ポッターの世界は完全に姿を消した。伝説の魔法競技大会を背景に、ハリーが遂に、自らの因縁と対峙する。ドラゴン、水魔、心を惑わす生きた迷宮のスリリングな死闘はもちろん見応え満点だが、その一方で、ハリーとロンの心のすれ違い、ハーマイオニーの女性の心など、成長期のシビアな心情を織り交ぜた新しい展開を見せてくれる。監督は、マイク・ニューウェル。シリーズ初の、そしてようやく本家のイギリス人監督だ。何と言っても注目は、「声に出して呼べないあの人」、ヴォルデモードが、初めてスクリーンに人間の姿として登場するシーン。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年11月26日
キャスト 監督マイク・ニューウェル
出演ダニエル・ラドクリフ エマ・ワトソン ルパート・グリント
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2005)
上映時間 157分

TM & (C)2005 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights (C)J.K.R.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-10-03 14:24:05

広告を非表示にするには