キング・コング 作品情報

きんぐこんぐ

王者キング・コング、再び世界を襲う!!

キング・コングのイメージ画像1

1933年ニューヨーク。野心家の映画監督カール・デナムは、かつてない冒険映画を撮り、映画界をあっと言わせたいという野望を持っていた。ある日、「映画の撮影がある」と言って、脚本家のジャックと美しい新人女優アンを誘い、撮影クルーとともに航海に乗り出す。船が到着したのは、幻と呼ばれていた孤島(スカル・アイランド)だった。樹木がうっそうと生い茂る中で、島に生息する想像を絶する生き物たちを目撃する。

「キング・コング」の解説

1933年公開の『キング・コング』を、『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンが、現代に甦らせた。映画史上最強のモンスター、『キング・コング』がリメイクされるのは、実写映画としては6作目。ピーター・ジャクソンは、9才の時、オリジナル版『キング・コング』を観て、映画監督になろうと決意したと言うだけあって、コングに対する愛情は人一倍。そのジャクソン監督が作り出したコングは、“リメイク”という言葉を超えている。少年時代からずっと夢を心の中で育ててきたからこそ、心と体温を持ち、ヒーローとしてコングを描けたのだろう。最高レベルの興奮と感動を、大スクリーンで体感して欲しい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年12月17日
キャスト 監督ピーター・ジャクソン
出演ナオミ・ワッツ ジャック・ブラック エイドリアン・ブロディ
配給 UIP映画
制作国 アメリカ(2005)

Film (C)2005 Universal Studios and MFPV Film GmbH. All Rights Reserved. [DVD情報/Amazonで購入]

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、6件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-10

映画「キング・コング〕に影響を承けた東宝映画「ゴジラ」は原水爆のクライシスを意識した平和のmessageが秘められていた…。本編も狂言回しとして見世物に晒される<野獣と美女>のショーが怒りの絶頂として表現されるー。ナオミ・ワッツの女優アンの口許は何時も緩んでいる様にも見える。それはブロンド美女のHollywoodの大スターを意識したとも感じられ道化師の如き役処なのかも知れない。


レビューを投稿する

「キング・コング」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-07-15 16:00:05

広告を非表示にするには